ga('require', 'displayfeatures'); ga('send','pageview');
子供たちの未来のために、太陽光発電を普及させよう

必要な設備

必要な設備

皆さんがソーラー発電で想像する、屋根に載っている太陽光発電モジュール(本体)のほかにも必要な機器があります。基本的には販売業者の見積もり段階で明細の中に書かれていくとおもいますので考慮漏れはないとおもいますが、本体の投資のほかにも費用が必要となりますのでどのような設備が必要となるのか知っておいてください。

太陽光発電に必要な設備
NO.1 太陽光モジュール 太陽の光エネルギーを直接電気に変換する機器
NO.2 接続箱 太陽光モジュールから発電された電力配線を集めて一つに集約するためのボックス。避雷や逆流防止などの機能もあります
NO.3 パワーコンディショナ 太陽光モジュールから発電された直流電力を家庭で電力として使える交流電力に変換する機器します
NO.4 ブレーカー/分電盤 売電用電力や家庭用電力に分配するための機器です。ブレーカー機能も果たします
NO.5 電力量計(売電用) 電力会社へ売電を行うときの売電メーターです。 売電量を測定します
NO.6 モニター機器 発電電力量や日射量など表示する機器です。発電量などのデータを記録して履歴表示も可能となります
NO.7 以下のものも費用が必要となります。

  • 太陽光モジュールを固定する架台
  • ケーブル部材費
  • 資材運搬費
  • 設置工事費
  • 各種申請代行費用
  • 他(電柱工事、屋根補強工事、基礎工事等、塩害地区)
  • 買電用の電力量計も逆転防止付きのメーターに交換が必要となります(電力会社側で設置されます)

設置場所として、太陽光モジュールは比較的意識されやすいですが、接続箱やパワーコンディショナ、分電盤、モニター等の設備をどこに置くのか外観を意識しながら決めていくこととなります

 

お気軽にお問い合わせください。