ga('require', 'displayfeatures'); ga('send','pageview');
子供たちの未来のために、太陽光発電を普及させよう

固定買取制度について

固定買取制度について

平成23年の国会で固定買取制度に関係する以下の法律が成立しています。
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成二十三年法律第百八号)

  • 1kW当たりの価格(調達価格)
  • 調達価格に関する期間(調達期間)
  • この法律の施行の日から起算して3年間を限り調達価格を定める

再生可能エネルギーの中に太陽光発電も当然含まれており、この制度はお国が認めた安心できる制度です。 国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるもので、平成24年7月1日からスタートしています。

CO2削減の切り札として位置づけられていた原発が、近年の脱原発の流れを受けてエネルギー政策の転換を余儀なくされていることから、3年間はこの制度は維持される流れは見直しがかからず継続されると予想されますし、太陽光発電としては伸びる兆しが見られます。

参入時期による固定買取制度の買取金額の違い 

参入時期 10kW未満 10kW以上
平成24年 42円×10年 42円×20年
平成25年 38円×10年 37.8円×20年
平成26年  (未定)円×10年 (未定)円×20年
  • 平成26年度もまもなく決まると思います

この固定買取制度は参入時期から調達期間である10年20年の固定買取が定められていますので設置後は安心して投資回収の計画が立てられるかと思います。  大事なのはその時期に参入しておくことです。

平成25年で10kW未満と10kW以上で固定買取金額の差が出始めていますが、その時々の初期投資額など諸費用を加味して産出されますので、おおよそ金額は似たところで落ち着きます。

お気軽にお問い合わせください。