ga('require', 'displayfeatures'); ga('send','pageview');
子供たちの未来のために、太陽光発電を普及させよう

発電規模の選び方

発電規模の選び方

太陽光発電のその出力量に応じて制度など異なりますが、メガソーラー(出力1,000kW以上)などの大規模な発電所でない限り以下の分類にておおよそ選択が可能となるかと思います。 選び方の参考にしてください。
※なお、太陽電池発電設備の出力は、太陽電池モジュールの合計出力で判断します。

太陽光発電出力による違い 

NO  目的 合計出力 電気事業法上の扱い 届出等の手続き 売電形態 固定価格買取制度
光熱費抑制の家庭利用 出力10kW未満 一般用電気工作物 小出力発電設備 不要 余剰買取 10年
出力50kW未満
  売電収入の事業目的 全量買取 20年
出力50kW以上 自家用電気工作物 発電用の電気工作物(発電所) 必要 全量買取 20年
  •  出力500kW以上の場合はさらに注意事項あり

自営規模までで大きくわけると3段階あります

  1. 光熱費などをなるべく抑えたい家庭利用。 余った電力は売電して月々の光熱費と相殺して安く抑えたい(該当:一、二)
  2. 月々の売電収入を目的とした自営規模の運営。収入は安定して得たいが面倒なことは避けたい(該当:三)
  3. 月々の売電収入を目的とした事業規模の運営。何より収入額重視でそのための投資額も手間も厭わない(該当:四)

最初に目的が光熱費の抑制なのか、売電収入なのか、売電収入の場合であれば生活費の足しやお小遣いにしたい個人規模なのか、それ以上に目的をもって大規模に展開したいのかで選択するとよいでしょう

規模による金額の目安

NO  目的 合計出力 初期投資額 年間収入 投資回収
光熱費抑制(収入≒光熱費) 出力10kW未満 1kW×50万 50万-光熱費分を相殺  10年前後
光熱費抑制(収入>光熱費) 出力50kW未満  200万-光熱費分を相殺
  売電収入(自営規模) 200万未満
売電収入(事業規模) 出力50kW以上  50kW単位で200万未満を積算
  • あくまで参考値としてください。
  • この情報は平成25年度の固定金額買取制度を基に独自で試算したものです。毎年改定される買取制度により左右されます

-----------------------
以下参考になった情報・サイト

資源エネルギー庁ウェブサイト(http://www.enecho.meti.go.jp/

 

お気軽にお問い合わせください。