軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」
幌馬車くん 車中泊

2020年10月31日 伊豆半島観光&道の駅「伊東マリンタウン」車中泊

前泊入れた3泊4日のツアーの2日目は伊豆観光になります。前泊の東名高速道路「足柄SA」からスタートになり、伊豆半島を一周する予定です。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く東名高速道路「足柄SA」車中泊
前泊の東名高速道路「足柄SA」車中泊

伊豆半島観光&道の駅「伊東マリンタウン」車中泊


連泊企画の内容です。
今回の旅 青時が本ページの説明

  • 1日目
    • 18時頃 出発
    • 21時半頃 東名高速道路「足柄SA」到着
    • 22時頃 足柄浪漫館「あしがらの湯」で入浴
    • 22時半頃 車中泊飲み
    • 0時頃 就寝
  • 2日目
    • 6時頃 起床
    • 7時頃 サービスエリアのフードコートで朝食
    • 7時半頃 伊豆へ出発(途中、コンビニで食料調達)
    • 9時頃 恋人岬の観光
    • 11時半頃 「青木さざえ店」で昼食
    • 13時頃 龍宮窟の観光
    • 14時頃 
    • 15時半頃 道の駅「伊東マリンタウン」到着
    • 16時半頃 日帰り温泉「シーサイドスパ」で入浴
    • 18時頃 伊豆高原ビールで夕食
    • 20時頃 駐車場に戻りキャンピングトレーラ飲み
    • 22時頃 就寝
  • 3日目
    • 7時頃 起床
    • 7時半頃 箱根へ出発(途中、コンビニで食料調達)
    • 9時半頃 芦ノ湖「P12箱根町園地駐車場」に到着
    • 10時頃 海賊船に乗船しロープウェイで大涌谷へ
    • 11時半頃 大涌谷の観光
    • 13時半頃 ロープウェイのレストランで昼食
    • 14時半頃 海賊船に乗車し箱根町港へ
    • 15時半頃 箱根関所の観光
    • 18時頃 駐車場に戻りキャンピングトレーラで夕食&飲み
    • 23時 就寝
  • 4日目
    • 7時頃 起床
    • 8時半頃 三島へ出発
    • 9時頃 日帰り温泉「極楽湯」へ到着
    • 10時頃 極楽湯のレストランで朝食
    • 11時頃 三島スカイウォークを断念し、帰宅コースへ
    • 16時頃 帰宅

道の駅「伊東マリンタウン」車中泊


2日目は伊豆の大人気スポット道の駅「伊東マリンタウン」を選びました。 到着しても海辺で飲めますし、お風呂もあるのでレストランでゆっくり食事もできます。 宿泊予定地というより、宿泊可能な観光地といった感じでしょうか。

車中泊候補地情報


※軽キャンピングトレーラー(幌馬車くん)を基準とした、独自のこだわりポイントなど加味した判定です。 基準はコチラ→https://centisland.com/car/archives/1479

項目      評価  コメント
駐車場 〇 広い敷地で全体的に少し傾斜がありますが、少ししか気にならない程度かと思います。 場所を選べばフラットが探せるかもしれません。 幹線道路の隣なので通行車両のロードノイズなどがけっこう聞こえてきます。 道路沿いの駐車場よりも港側の駐車場の方がおススメかもしれません
標高 △ 6m 海の隣ですからね。 春や秋のシーズンに良い場所です。
アクセス 〇 伊豆スカイライン亀井峠ICから11km 17分(東京からのアクセスで言うと遠い) 伊豆や熱海、箱根の観光後の宿泊スポットとしての利用が良さそうです
トレーラ受入 〇 縦列駐車できる駐車場はありますが、人気スポットですので駐車場の混雑が激しいので停めるのが大変かもしれません
入浴 ◎ 敷地内にある温泉は露天風呂まで付いています。 おすすめです。
トイレ設備 〇 トイレは24時間空いているトイレが指定されています。 そこはウオシュレットは付いていません。 
プラス評価 ◎散歩、観光、レストラン、入浴となんでもござれの施設です。 道路挟んで隣にドン・キホーテもありましたので1日居ても飽きない施設です。
総合評価 ◎ 伊豆に来たならば立ち寄るべきベストスポットです。 もう少し早く到着して観光を楽しんでも良いと思いました。

アクセス


前泊の東名高速道路「足柄SA」からスタートです。
観光スポットとしては、恋人岬、龍宮窟をみてから道の駅「伊東マリンタウン」に向かいます。
移動距離が長いので恋人岬になるべく早い時間に行くために高速下車のICから近いサービスエリア(入浴付き)を選び前泊。 ここからスタートします。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆半島の観光アクセスルート
前泊の「足柄SA」車中泊から翌日の伊東マリンタウンまでのアクセスルート

早朝6時半に目が覚めました。 富士山もバッチリ見えます。
トレーラーを牽引しているので駐車線を無視して入れています。 夜に位置を変更しましたが後ろに車が停まっていました。(まさか駐車するとは思っていなかったのでもう少し工夫して停めればよかった)

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く東名高速道路「足柄SA」車中泊
足柄SAの車中泊の早朝 いい感じで晴れました。
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く東名高速道路「足柄SA」車中泊
参考 夜の停車位置

少し時間あったのでなんとなく朝食を食べました。 吉野家の蕎麦と牛丼(小)のセットです。
(今回の旅でワーストだったのがこの蕎麦でした。 もう吉〇家の蕎麦は食べない) 牛丼は相変わらず美味しいんですけどねぇ。 お腹一杯からスタートです。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く東名高速道路「足柄SA」車中泊 そば処吉野家
足柄SAのそば処吉野家

7時すぎに足柄SAを出発。
高速を降りて、伊豆中央道に乗り換えます。 ETCとか使えないので現金払いです。(軽自動車の牽引の場合は高速道路だと普通車扱いの料金でしたが、こちらの有料道路も普通車200円でした。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の伊豆中央道
伊豆中央道へ乗り換え

本日は伊東マリンタウンのレストランで夕食予定なので、お酒はキャンピングトレーラー飲みのほどほどに買う程度。 氷も買って準備万端です。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬に行く途中の土肥のセブンイレブン
土肥付近のセブンイレブンで買い物

土肥付近から海岸沿いを走ります。 海沿いは気持ち良いですが、道が曲がりくねって運転はしずらい。
景色を楽しみながら9時過ぎに恋人岬に到着しました。 

恋人岬


最初の観光地は恋人岬です。 20数年ぶりでしたが、いろいろ歩道の整備などきちんとしていましたね。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の看板
伊豆の恋人岬

当初はGoogleストリートビューで恋人岬テラスハウスの駐車場を見ていました。 縦列駐車ができないので特定の場所にしか停められないと考えていましたが、恋人岬思い出作り体験工房の駐車場に縦列駐車可能なエリアがあったのでこちらに停めています。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬のマップ
縦列駐車可能な駐車可能エリア
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の駐車場
伊豆の恋人岬で駐車
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬
恋人岬らしいらしいオブジェ(恋人岬に行くにはけっこん方面なんですけど)
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の階段
駐車場から恋人岬までは結構歩きます(階段が見えてきました)
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の幸せの鐘
途中の金の鐘(幸せの鐘)
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の上空写真
恋人岬の上空写真(看板のパネルをスマホ撮影)

恋人岬先端に到着しました。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の恋人のオブジェ
恋人のオブジェと富士山
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の鐘
恋人岬の鐘

20数年ぶりの来訪で本当はその時に作ったペアグラスを割ってしまったので再購入を兼ねて観光でしたが、もう販売していませんでした。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の恋人岬の恋人岬ハウス
恋人岬ハウスのお土産屋さん

恋人岬は十分堪能できました。 朝早かったからなのか、すれ違う人は恋人というよりシニア? 自分たちより年配の人の方が多かったような・・・
次の目的地へ出発です。

途中、道の駅があったので立ち寄ってみました。 下加茂温泉湯の花 温泉でもあるのでしょうか(未確認)
ここは車中泊禁止です。(他の張り紙は遠慮ではなく、禁止と書かれていました)
駐車場スペースが少なく、台数停められないですね。 
子供たちのお土産をゲットして出発です

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の下加茂温泉湯の花
下加茂温泉湯の花の車中泊禁止の張り紙

昼食は青木さざえ店


食べログで調べていたら、丁度良い距離のところに評価の高いお店がありました。 海の幸食べたいということでここに決定。 駐車場ですが、Googleストリートビューで見ても近くの駐車場は狭かったのですが、案の定狭い。一度入りましたが入口が1カ所しかないのに狭いがためにUターンができず、仕方なくバックで切り返して戻ってきました。 少し離れた駐車場を探したところ、発見。 良かったよかった。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店のマップ
青木さざえ店から少し離れますが広い駐車場を発見
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店の駐車場探し
軽自動車+トレーラーを駐車しました。
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店で駐車場探し
一応、ロープで駐車位置の指定はされています。
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店の道のり
海沿いを歩いてお店へ(徒歩数分でしょうか)
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店
青木さざえ店

混んでいると思いましたが並ぶことなく入れました。 お目当ての

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店のS級さざえ定食
青木さざえ店の「S級さざえ定食」

S級さざえは貝の大きさが本当に大きいですね。刺身かバター炒めが選べましたので、(嫁が刺身だったのもあり)こちらはバター炒めにしてみました。 私のお目当てはアジフライだったのですが、、あれ?メニューと違うフライが出てきた。 気を取り直して食べましたが、さざえはバター炒めの方が断然美味しいと思いました

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の青木さざえ店の船盛り定食
青木さざえ店の「船盛り定食」

これまた凄いのが出て来ました。 アワビにさざえ、伊勢海老? おかずになるのかどうかは置いておいて、豪華ですね。 お食事満足できました。 苦労して駐車した甲斐もありました。

龍宮窟


本日の最難関の龍宮窟に到着しました。 昼食の青木さざえ店から十数分で着きますが、ここに来る迄の道路は民家の裏路地?のような道で車のすれ違いができない個所が何カ所かありました。(対向車が来なくて本当に良かった) ここは事前に調べていて駐車場が殆ど無いのと縦列駐車スペースが見当たらなかったので心配していました。最悪は素通りを覚悟していましたが、少し離れた駐車場に案内されて無事に駐車できました。
無人で缶箱に自分でお金を入れるスタイルです。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟のマップ
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟の駐車場
龍宮窟の駐車場(Google Mapではまだ更新されていない?)
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟の入口
龍宮窟の入口

わくわくしながら門をくぐって階段を下ると、、、え?もう龍宮窟?というほどあっさりと到着しました。
しかし暗闇から見えてくる絶景は息を吞む景色です。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟
龍宮窟が見えてきました。
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟
龍宮窟の中(見れるスペースは狭い)

上に人がいます。 登れるのかと思って探してみると、駐車場付近から登れる道が見えました。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の龍宮窟の上空
龍宮窟を上からみた所

道が整備されており、龍宮窟を一周できます。 隣のサンドスキー場も見渡せましたのでなかなかの景色でしたね。 下と上から見るのがセットで楽しめる観光スポットでした。

道の駅「開国下田みなと」


道の駅が見えてきたので立ち寄っただけですが、開国下田みなとに到着しました。
ここも縦列駐車できそうな所がなかなか無いです。 敷地内に市場があったので他のキャンピングカーを見習ってここに駐車しました。 滅多にやらないバックで駐車です。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の開国下田みなとの市場
開国下田みなと敷地内の市場

こちらは海鮮、干物など海の幸が並んでいます。 見ていて楽しいですね。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の開国下田みなと
開国下田みなと

道の駅「伊東マリンタウン」


本日の宿泊地、道の駅「伊東マリンタウン」が見えてきました。
結構、長い道のりでした。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の看板
道の駅「伊東マリンタウン」の看板

伊東マリンタウンに到着しました。 天然温泉、遊覧船、お食事とどんなけ充実してんのよと感心

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の看板
軽伊東マリンタウンの看板
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の外観
伊東マリンタウンの建物 おしゃれですね
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」のお土産
伊東マリンタウンの中(1Fがお土産、2Fが飲食店)

トイレチェックです。 黄色と青色のトイレがあり、青の方が24時間です。 建物内、建物外側のトイレは施錠されるようでした。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の24時間トイレ
外のトイレ棟
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の24時間トイレ
洗面
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の24時間トイレ
便座(お世辞にも綺麗とは言えない。暖房便座らしいがウオシュレット無し)

レストランで食事の前に(飲むので)先にお風呂に入ります。 ここの看板ですが、天然温泉だの、日帰天然だの、道の駅温泉だの、シーサイドスパだの、どれが本名なのでしょう。

伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の日帰り温泉「シーサイドスパ」の看板
伊東マリンタウン敷地内隣接の日帰り温泉へ
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の日帰り温泉「シーサイドスパ」入口
日帰天然温泉?シーサイドスパへ
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の日帰り温泉「シーサイドスパ」
シーサイドスパの男湯
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の日帰り温泉「シーサイドスパ」
更衣室

ここから先は人が居たので撮影していません。 内湯が2つ、露天風呂が1つありぬる湯で私好みです。さっぱりしました。 一度トレーラーに戻ってセッティング完了。 さあ、レストランへGO

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」のトレーラーのセッティング
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くん セッティング完了

レストラン「伊豆高原ビール」


こちらのレストランは大盛の海鮮丼が名物らしいですが、到着した15時台には売り切れていたようです(私は目当てでは無かったのですが) 地ビールなのに1980円で飲み放題があるんですね。 しかも日本酒やチューハイ、ワインなど他の酒のバリエーションも豊富。 最高です。

伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の伊豆高原ビールのレストランで飲み放題
伊豆高原ビールの飲み放題

ビールはジョッキでの提供とありますが、結構量があります。 中ジョッキと大ジョッキの中間ぐらい?
1杯飲んだだけでお腹タプタプになる予感がしたのでワインに変更。
ビールは旨いですね。 何種類もの地ビールを90分飲み放題とかすごいです。

伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の伊豆高原ビールのレストランで地ビール
地ビールで飲み放題スタート
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の伊豆高原ビールのレストランで地ビール
料理も旨いし、肉厚のカルパッチョなども良い
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の伊豆高原ビールのレストランで白ワイン
白ワインも美味しい。デキャンタで追加オーダーしました。
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の伊豆高原ビールのレストラン
シメは漁師の味噌汁みたいな具沢山の汁物と柑橘系のビール?(ほぼチューハイ)

お店混んでいて、おかわりしてもなかなかお酒出てこない(オーダーしたのが入っていない)などアクシデントもありましたが、十分飲めました。 貧乏性なので元取れたのかと計算してみたり・・・・
相当酔っ払いました。
キャンピングトレーラーに戻ってチビチビと飲んでいると花火が。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」で花火
伊東マリンタウンの花火(なんで?)

一応、湯たんぽの準備です。 バーナーでお湯を沸かします。 上部には一酸化炭素検知器を置いてみました。
バーナーでお湯を沸かすと80ppmとか上昇します。(換気しながら調整すると値が変動しますね。 面白いですが命にかかわるので2台の検知器セットして慎重に火器を扱います)
※イワタニのカセットコンロヒーター「風暖くん」を稼働させても殆ど値変動しないのです。完全燃焼など仕組みが優秀なのでしょうか。 このバーナーもイワタニなんですが

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」湯たんぽのお湯を沸かす
軽キャンピングトレーラーで湯たんぽのセット

飲み放題で満足できたのか、酔っ払っていましたが結局トレーラーでは1本も飲めない程度で就寝です。

伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の10月の気温
軽キャンピングトレーラー内は21度
伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の10月の気温
外の温度は17度

22時か23時頃には就寝です。 どこかの車がアイドリングしたままでしたが、防音なのでその音は殆ど聞こえませんでしたが、国道を走る車の走行音が朝方はけっこうしますね。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の朝の風景
朝起きたらキャンピングカーのオンパレード
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く伊豆の道の駅「伊東マリンタウン」の朝の風景
反対側もバンコンやキャンピングカーのオンパレード

流石、車中泊の人気スポットだけあります。 車中泊だらけですね。
本日は箱根に向かいます。 7時半に出発です。

後編の記事に続く>

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く箱根の芦ノ湖「P12箱根町園地駐車場」車中泊
箱根の芦ノ湖「P12箱根町園地駐車場」車中泊

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です