道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
キャンプ 幌馬車くん 車中泊

2020年08月08日 道の駅「ビーナスライン蓼科湖」車中泊

道の駅「ビーナスライン蓼科湖」車中泊


今回はキャンピングトレーラーの幌馬車くんの道の駅、連泊企画ということで今週末が3連休ということもあり、先週行って大変気に入った蓼科訪問で涼しい場所を選びました。 個人的にも気にいっている今までの視察での車中泊の遠征になります。 8/8(土)午後発、道の駅「ビーナスライン蓼科湖」で車中泊を行い8/9(日)に霧ヶ峰スキー場の駐車場で車中泊予定します。 前回の宿泊にて連泊の場合の装備やバッテリー消費などバッチリでしたので今回はホットサンドメーカーを用いた「バウルー料理」をテーマに旅行してきました。

  • 今回の旅
    • 13時頃 道の駅「ヘルシーテラス佐久南」立ち寄り
    • 14時頃 道の駅「ほっとぱーく浅科」立ち寄り
    • 途中コンビニ立ち寄り、ホットサンドメーカー料理の冷凍食品購入
    • 15時頃 道の駅「ビーナスライン蓼科湖」到着(車中泊場所)
    • 16時頃 蓼科湖湖畔散策
    • 17時頃 ヤマザキショップ&蓼科高原芸術の森彫刻公園で乾杯
    • 18時頃 徒歩で日帰り温泉「小斉の湯」
    • 19時頃 再び蓼科高原芸術の森彫刻公園で乾杯
    • 21時頃 バウルー料理で夕食&その後就寝

道の駅「ビーナスライン蓼科湖」車中泊候補地情報


※軽キャンピングトレーラー(幌馬車くん)を基準とした、独自のこだわりポイントなど加味した判定です。 基準はコチラ→https://centisland.com/car/archives/1479

項目      評価  コメント
駐車場 ◎ 大型トレーラー用の駐車スペースもあり、かつ駐車場はフラットですので駐車スペースとしては大変良いと思います。 道路に面していますが夜間は車の通りが少なくなりますので全体的に静かで快適でした。 ただ人気の道の駅なのか昼間は警備員が立つほどハイシーズンは混みます。
標高 ◎ 1250m 標高は大変高い位置になります。 クーラー要らずで夏の企画には持ってこい
アクセス △ 佐久南IC降りてからの下道46km、65分は遠いです。(諏訪南ICからだと36分ですので評価は〇か△)
トレーラ受入 ◎ 大型トレーラー用の駐車スペースがあります。縦列駐車も車止めブロックも無く、フラットですので停めやすいのですが、駐車場の台数はそれほど多くはないので昼間は混雑しています
入浴 × 道の駅にはございません。(蓼科湖周辺の日帰り入浴はコロナの影響で受入拒否。徒歩10分程に小斉の湯あり)
トイレ設備 ◎ 2020年に開業しただけあり、設備はピカピカ。清潔で夜間も利用可能。ウオシュレット有りで最高評価です
プラス評価 ◎蓼科湖周辺はこじんまりした観光地のような気分も味わえて、湖畔は遊歩道が整備されています。 蓼科高原芸術の森彫刻公園も大変綺麗で外のロケーションは申し分ない
総合評価 ◎2020年開業の道の駅だけあり駐車場やトイレ設備は完璧。昼も観光地気分を味わえて、涼しい、静かと文句なしで良い場所です。

アクセス


今回は道の駅「ビーナスライン蓼科湖」までの中部横断自動車道のルートを紹介します。佐久南ICを降りるとすぐに道の駅ヘルシーテラス佐久南が現れます。 そこから下道を65分近く走ります。 全体的には登りです。

道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 アクセス

出発


トレーラの連結も終わり、いざ出発。 連結もずいぶん慣れて今では数分で連結完了です。 天気は曇り、気温は最高24℃、最低20℃でした。(実際に測ったら夜間は17℃ぐらい下がっていました)

道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 出発
キャンピングトレーラーの連結完了

キャンピングトレーラーの連結はコチラ 

道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 荷物
今回は車中泊の連泊なので装備は殆ど無し

荷物はバウルーと火器、そのほかテーブルや椅子ですが使うシーンはありませんでした。 お酒とおつまみ保存用のクーラーボックスが一番の荷物となっています。

道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 RVBOXの中身
RVBOXの中身(バウルーとコンロぐらいしか実際には稼働なし)
道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 装備
霧ヶ峰ハイキング用に靴を用意
道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 クーラーボックスの中身
2泊用の凍らせたお酒(この上に板氷で3日目まで氷が残るほど保冷される)

クーラーボックスの中身は凍らせたお酒と板氷をクーラーバックで何重に包んでからクーラーボックスで保冷します。 ツマミ系は今回は「コンビニ冷凍ツマミをバウルー料理で」をコンセプトに行きのコンビニで調達するという事にしました。

道の駅「ヘルシーテラス佐久南」立ち寄り


道の駅ヘルシーテラス佐久南 看板
高速出口の佐久南ICを出てすぐに道の駅(写真看板の左側の建物)
道の駅ヘルシーテラス佐久南 駐車場
道の駅「ヘルシーテラス佐久南」
道の駅ヘルシーテラス佐久南の大型トレーラー用駐車場
駐車場は3面ぐらいありとても広い(大型トレーラー用エリアに停車)

ここの道の駅は高速のIC出口の最初の信号の交差点に位置しているので休憩などに持ってこいです。 駐車場も大変広いので離れた駐車場であれば余裕をもって停車できます。(実際に停めたエリアはキャンピングカーなどよく停車します。)

道の駅ヘルシーテラス佐久南 直売所の中
ヘルシーテラス佐久南の直売所の建物の中(大変綺麗)
道の駅ヘルシーテラス佐久南 ミニトマト
お目当てのプチトマト(最近のツマミとしてハマっています)
道の駅ヘルシーテラス佐久南 プルーンソフトクリーム 
道の駅のレストランにて「プルーンソース掛けのアイスクリーム」

以前から気になっていたアイスクリームを買って景気づけです。(このソースが絶妙で個人的には大変お気に入りの部類) 地ビールとミニトマト、ブルーベリーなど食材を買い込みクーラーボックスに収納している間にアイスは少し溶けてしまいました。

道の駅ビーナスライン蓼科湖と霧ヶ峰キャンプ場車中泊 コンビニで食材調達
コンビニでホットサンドメーカー料理の食材(冷凍)を購入

コンビニはセブンイレブンとローソン両方寄ってみました。(地方のコンビニは駐車場が広くてホント助かります。

道の駅「ほっとぱ~く・浅科」立ち寄り


ほっとパークとはてっきり日帰り温泉を備えた道の駅だとばかり考えていましたが、それは幻想でした。(温泉は無いのね)
興味があったので立ち寄りをしてみました。

道の駅「ほっとぱ~く・浅科」の建物
道の駅「ほっとぱ~く・浅科」の建物
道の駅「ほっとぱ~く・浅科」の駐車場
駐車場は大型車用のスペースに駐車
道の駅「ほっとぱ~く・浅科」のテント
建物の内側はなぜかテント
道の駅「ほっとぱ~く・浅科」の中庭
手前に直売所、奥にレストラン
道の駅「ほっとぱ~く・浅科」の観光案内
観光案内所?

道の駅「ほっとぱ~く・浅科」は寄りましたが、ツマミとなりそうなフキの佃煮を購入。 あとはコンビニの冷凍シリーズを買って蓼科湖に向かいます。

道の駅「ビーナスライン蓼科湖」到着


ビーナスライン蓼科湖に到着しました。 15:30ぐらいでしょうか。 ここは2020年夏に開業したばかりで真新しい道の駅です。 (なのに既に満車並みに車が駐車しています)

道の駅ビーナスライン蓼科湖 看板
ビーナスライン蓼科湖(写真は前回の使いまわし)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
到着時の停泊場所
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊 大型トレーラー用
キャンピングカーが多い中で大型トレーラー用駐車場に停車

3連休の初日は道の駅「ビーナスライン蓼科湖」は大変混雑しており、駐車場警備員の誘導で大型トレーラー用の駐車場に置かせていただきました。

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
一般駐車場の様子(到着時、キャンピングカーはあまり居ない)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊 トイレ
トイレ棟の様子(写真は前回流用)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のトイレ
トイレ棟の正面
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊のトイレ通路
トイレ棟の中の通路
道の駅ビーナスライン蓼科湖のトイレ洗面台
トイレの洗面台
道の駅ビーナスライン蓼科湖のトイレ
男子トイレ
道の駅ビーナスライン蓼科湖の便器
便座はウオシュレット付き

ここのトイレはとにかく新しく、最高です

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の店
アイスクリーム屋さんも

蓼科湖の湖畔遊歩道散策


蓼科湖は湖畔に遊歩道が整備されており、一周約1キロですので簡単に散策することができます。 今回は飲みポイントを求めて歩くことにしました。

道の駅ビーナスライン蓼科湖から蓼科湖のハイキング、コースマップ
今回歩いた蓼科湖のコースマップと温泉までの道

スタートは道の駅から反時計回りに回りました

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊蓼科湖への道
トイレ棟から湖畔に抜ける道
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の遊歩道
道の駅側の湖畔の遊歩道(チップが敷き詰められており足の負担が軽減)

スタートはトイレ棟とアイスクリーム屋の間から入って湖畔の遊歩道を散策します。

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の蓼科湖遊歩道
木道が綺麗に設置されている
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の宿
反対岸側の宿泊施設(宿やキャンプ場が並んでいる)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の遊歩道木道
L字の木道
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の木道遊歩道
キャンプ場(蓼の花オートキャンプ場が見えてきた)

前回蓼科湖でお世話になった蓼の花オートキャンプ場が見えてきました。

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊蓼の花オートキャンプ場
蓼の花の宿とオートキャンプ場の受付
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の木道遊歩道
キャンプ場の湖畔サイトに沿って遊歩道が続きます
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊のキャンプ場
TINY GARDEN 蓼科(cafeとキャンプ場があるようです)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊のキャンプ場
TINY GARDENのキャンプ場(湖畔は見えない)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊ご案内
蓼科湖も第三コーナーに差し掛かったあたりに看板
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊歩行者専用
ここからまた雰囲気が変わって歩行者通路モード
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の東屋
東屋発見(ここは少し暗いので写真のみ)

蓼科高原芸術の森彫刻公園


蓼科湖の湖畔散策も第四コーナーあたりに蓼科高原芸術の森彫刻公園があります。現在は無料開放中とのことで、湖畔からもコンビニのヤマザキショップからもリゾートホテル蓼科からも入園ができます。
公園内はとにかく綺麗で東屋も3棟ほどあるでしょうか。 飲みポイント発見
(夜間はゲートが施錠されますので時間内に退場ください)

道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園 銅像
蓼科高原芸術の森彫刻公園のオブジェ
道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園 池
中央の池(奥に東屋、右側にも湖畔を見渡せる東屋あり)
道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園東屋
赤い橋と中央の東屋
道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園東屋
湖畔側の東屋
道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園の東屋で乾杯
湖畔を見ながら乾杯

公園内も綺麗ですし、湖畔も綺麗です。 どこを見ても綺麗な景色が広がります。

道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園入口ゲート
コンビニのヤマザキショップ側からの公園入口(ゲートは営業時間内は空いている)

コンビニのヤマザキショップは公園からも行けます。 ゲートと階段を登るとヤマザキショップが見えてきました。 
ここの品揃えは床面積が狭いのでこじんまりとしており品数は多くはありません。(酒とツマミが買えればOKなので何も困りはしませんでしたが)

道の駅ビーナスライン蓼科湖のコンビニ ヤマザキショップ
コンビニのヤマザキショップの営業時間
道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園ヤマザキショップで買い物
コンビニでゲットしたサラミ&チーズとホットドッグ

手前のピクルスはセブンイレブンで、フキの佃煮?煮物は道の駅ほっとぱーくで入手したものです。 チマチマと頂いていきます

道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園で乾杯

少し日も暮れてきて肌寒くなってきました。 暗くなりそうでしたのでそろそろお風呂の準備に取り掛かります。

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
ライトアップも始まったのでそろそろ夕方

日帰り温泉「小斉の湯」


道の駅に戻ってきて車の位置を変えました。 一番端の湖畔に近い場所が空いていたので停めなおしています

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
トイレ棟に近い大型トレーラー用の場所に停車(10m移動)
道の駅ビーナスライン蓼科湖の駐車場
目の前の駐車場はいつの間にかキャンピングカーやバンコンが目立ち始めました
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
大型トレーラー用の駐車場も大型キャンピングカーが停車※一部除く
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
トレーラーの幌馬車くんを少し傾けて湖畔側に入口を持ってくる

よく考えたら(敷地内とはいえ)飲酒運転ですね。次回は飲んだらもう移動しません

道の駅ビーナスライン蓼科湖の気温
外の温度は24℃

トレーラーの準備も整いまして、日も暮れてきて日帰り温泉に移動

道の駅ビーナスライン蓼科湖のコンビニのヤマザキショップ
道の駅の隣のコンビニのヤマザキショップ
道の駅ビーナスライン蓼科湖のリゾートホテル蓼科
さらにその奥にリゾートホテル蓼科が見えます

本来ならば日帰り温泉は道の駅周辺にいくらでも営業しているハズなのですが、コロナ下の中ではどこも日帰り入浴お断り状態で事前に調べたところ徒歩10分程度の小斉の湯が日帰り入浴を受け入れていました(宿泊を今は受け入れていないそうです)

道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉 入口
湖畔から少し坂を登ったあたりで小斉の湯入口
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉
小斉の湯の看板
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉 入口
少し奥に進みます
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の入口
入口
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の受付
受付(階段を登るとお風呂)

小斉の湯はいくつもの露天風呂と内風呂があります(あるそうです)
ただし脱衣所含めてそれぞれ独立して建っているので1つの露天風呂を入るとそこで完結して終わってしまいます
(汗と浴槽につかれれば満足です。温泉の成分とか正直わかりません)

道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂案内
2Fに登ってさらに露天風呂への通路が
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の通路
斜面を上へ登っていきます
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の通路
遂に露天風呂に到着
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂更衣室
脱衣所
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂ロッカー
無料ロッカーがあるので貴重品も安心して預けられます
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂
露天風呂からみた脱衣所
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂
露天風呂の全景
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂
日も暮れるギリギリの時間
道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の露天風呂
日も暮れてあたり暗くなりました。

一番上の見晴らしの湯に入りました。 脱衣所からいきなり露天風呂で洗い場にはの蛇口は1-2カ所ぐらいでしょうか。 混んでいるときは体洗いにくいです。
蛇口は冷たい水と温泉?のようで適度に混ぜて適温で使います。
浴槽は2つに仕切られていますが、手前が「熱い」奥が「メチャ熱い」とぬるま湯が好きな自分には正直厳しい温度でした。

道の駅ビーナスライン蓼科湖の小斉の湯温泉の無料休憩所
無料休憩所
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
帰り道(すっかり暗くなっていました)

道の駅まで戻ってきましたが、公園がライトアップされていたので少し夜風にあたるつもりで公園に入りました。

道の駅ビーナスライン蓼科湖の蓼科高原芸術の森彫刻公園ライトアップ
蓼科高原芸術の森彫刻公園のライトアップ
道の駅ビーナスライン蓼科湖の芸術の森彫刻公園ライトアップ イルミネーション
東屋はイルミネーション(明るい)
道の駅ビーナスライン蓼科湖の芸術の森彫刻公園の東屋ライトアップ
東屋の中はライトもある
道の駅ビーナスライン蓼科湖の芸術の森彫刻公園ライトアップで乾杯
イルミネーションとライトアップを見ながら乾杯

道の駅で購入したトマトとブルーベリーを食べながら乾杯
時間も遅くなってきたので車に戻ることにしました。
(このあと、公園は施錠がされてしまい柵の隙間から出ました。 見回りの人も東屋のイルミネーションで見えなかったのかもしれません。 閉場時間があるようなので次回はそれまでに出ようとおもいます)

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊
すっかり暗くなりました

キャンピングトレーラーでホットサンドメーカーを使ったツマミ作り


本日の目玉企画のホットサンドメーカーのバウルー君で作る、コンビニの冷凍食品ツマミを焼く企画です。
バウルーだと二人旅のツマミを作るのに適度な大きさです。(小さい幌馬車くんの室内ではさらに最適な気がします)

キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 準備
ホットサンドメーカーとイワタニのバーナー
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 設置
あっという間に組み立て・準備万端

冷凍シリーズにしたのは、移動時に凍っているので保冷にもなるのと、最近の冷凍食品がバカにできない旨さである点、結局焼くので焼き立てが味わえる点からコンビニの冷凍食品はサイズ感としても丁度バウルー料理に1品1品アジャストされたかのようなボリュームです。
最初の食事はたこ焼き!

キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 たこ焼き
セブンイレブンの冷凍食品「たこ焼き」
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴たこ焼き
6個入りでバウルーにジャストサイズ(押しつぶすので隙間が埋まる)
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴
加熱中(上下ひっくり返すせば両面焼ける)
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 たこ焼き
たこ焼きの完成

初めてのバウルー料理。 お味は・・・旨い! さして汚れもせず簡単に焼き立てたこ焼きを食べることができました。(ホットサンドメーカーは有能ですね)
次いで手羽中から揚げです

キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 手羽中から揚げ
セブンイレブンの冷凍食品の手羽中から揚げ
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 手羽中から揚げ
バウルーに敷き詰める(これまたジャストボリューム)
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 手羽中から揚げ
手羽中から揚げ焼けました

適度な焼き加減でから揚げが食べられました。 旨い。
次はフライドポテトです

キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 フライドポテト
セブンイレブンの冷凍食品のフライドポテト
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 フライドポテト
フライドポテトに家から持参したとろけるチーズ
キャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊でホットサンドメーカーで酒の肴 フライドポテト
焼けました。

フライドポテトとチーズでこれまた美味しい。 本日は満足です
そろそろ眠くなったのでベッドモードにして歯を磨いて就寝

道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊ベッド
テーブルを畳んでベッドモードへ
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の室内温度
就寝時の室内温度は23℃(窓全開にすればもっと涼しくなります)
道の駅ビーナスライン蓼科湖のキャンピングトレーラーの幌馬車くん車中泊の朝
翌朝(湖畔が見える)

6時に起床し準備を整えました。
気温は外気17℃ぐらいでした。
本日は7時出発で白樺湖のローソンでロックアイスとバウルー食材の冷凍食品調達をして朝8時のコロボックルヒュッテの朝食を食べに行きます。

ホットサンドメーカーのツマミ作成は初めてでしたが、大成功でした。
本日は霧ヶ峰スキー場の駐車場を目指して出発です。


次の記事>

霧ヶ峰スキー場の駐車場車中泊
霧ヶ峰ハイキング&霧ヶ峰スキー場の駐車場に車中泊

2件のコメント

  1. ようこそ蓼科高原 道の駅ビーナスライン蓼科湖へ 私蓼科湖畔で小さな宿をやって居るものです 家の看板の写真も載って居ました 湖畔の温泉宿蓼科 です 道の駅とは蓼科湖を挟んで反対側に有ります 

    1. コメントありがとうございます。 前回の蓼の花オートキャンプで蓼科がすっかりお気に入りになりました。今回は道の駅に来てみました。 美味しそうなパンなど気になっていました。機会ありましたら是非よろしくお願いします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA