幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰スキー場キャンプ
キャンプ 幌馬車くん 車中泊

2020年09月05日 霧ヶ峰スキー場車中泊&霧ヶ峰キャンプ(後編)

こちらは霧ヶ峰スキー場車中泊の後編です。前編を読みたい人はコチラ

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰スキー場キャンプ
霧ヶ峰スキー場車中泊(前編)
幌馬車くんと行く野沢温泉、野沢温泉スキー場の第二駐車場「車中泊」
野沢温泉、野沢温泉スキー場の第二駐車場「車中泊」

霧ヶ峰スキー場車中泊&霧ヶ峰キャンプの行程


  • 今回の旅 ※青字がこのページの記事
    • 5時頃 出発。
    • 8時頃 キャンプ場到着
    • 9時頃 ころぼっくるヒュッテのテラスで朝食、キャンプ場チェックイン
    • 10時半頃 霧の駅にて八島湿原へバス移動、八島湿原ハイキング
    • 13時頃 バス移動、再び霧の駅へ
    • 13時半頃 霧ヶ峰キャンプ場へ
    • 14時頃 キャンプ設営、宴会へ
    • 19時頃 花火&お風呂へ
    • 20時頃 キャンピングカーにて宴会
    • 23時頃 就寝
  • 翌日
    • 7時頃 起床
    • 8時頃 霧ヶ峰キャンプ場にて朝食
    • 11時頃 霧ヶ峰スキー場を散策&グライダー博物館
    • 12時半頃 霧ヶ峰キャンプ場にてあまり食材にて昼食
    • 15時半頃 後片付け後、解散

霧ヶ峰キャンプ場にてバーベキュー開始


八島湿原ハイキングも終わりましたので事前にチェックインしておいた霧ヶ峰キャンプ場で午後からキャンプ開始です。 まずは乾杯

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプ場で乾杯
霧ヶ峰キャンプ場での乾杯。宴の開始

各自お酒持ち寄りです。 自分はロゼスパークリングでしょうか。 ここからはキャンプ料理のご紹介になります。今回は手抜き系ということであまり手間がかからないようなツマミを出していきます。
卓上コンロで火を起こして焼いていきます。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでソーセージを焼く
まずはウィンナー(焼くだけ)
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでソーセージを焼く
ロングウインナーが焼けました。

次はアヒージョですがこちらは冷凍食品になります。 オリーブオイルと追加食材を切って投入します

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでエビのアヒージョ
エビのアヒージョ×2

ニンニクをオリーブオイルで炒めたあとに追加食材のパプリカ、しいたけ、マッシュルームを炒めて最後にレトルト食品を投入。 味付けもすべてお任せ。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでアヒージョ
エビのアヒージョ完成

バゲットを事前に切っておいてコンロでカリカリに焼いておきます。 真ん中に鍋をそのまま載せます。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでコンロでアヒージョ
アヒージョとバゲットをコンロ上に敷いていただく。ダイナミックな写真

パン焼き職人に頼んで真ん中を開けて頂きました。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでアヒージョとバゲット
コンロ上なのでアヒージョも常に煮立ったまま頂けます。

次はベーコンを焼きます。(焼くだけ)

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでベーコン
コストコの林檎チップのベーコン(塊)
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでベーコン焼き
ベーコンが焼けました

次はステーキ肉を焼きます。 真空パックなので持ち運びも楽ちん

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでアンガス牛
アンガス牛のステーキ肉
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでアンガス牛のステーキ
卓上コンロでダイナミックに焼きます。(焼くだけ)

食べやすい大きさにカットして粗塩&スパイスで頂きます。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでアンガス牛のステーキ
アンガス牛のステーキを粗塩&スパイスで頂く

次はシイタケを焼きます。 (焼くだけ)

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで焼きシイタケ
シイタケ焼き

こんな素敵に写真が撮れました(仲間の写真を拝借)

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで焼きシイタケ
シイタケ焼き

その他にアスパラ焼き(焼くだけ)とチキチキボーン焼き(焼くだけ)をコンロに並べます。
そろそろ皆様の腹も満たされ始めたようです。 まったりタイム

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでまったり
チキチキボーンとアスパラ焼き

双葉屋の日帰り入浴のお風呂も19時ぐらいに行くと伝えていたので、早めに焚火を用意します。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで焚火準備
焚火台にて焚火の着火(バーナー放置していたら取っ手の部分が溶けていました)

火も起きたのでタープを離れて外に移動して青空の下で焚火です。 薪が終わるまでー

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで青空の下で焚火
時間は17時台? 明るいうちから焚火開始
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで焚火
薪が燃え始めました。ゆらゆらと炎が綺麗
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで夕暮れの焚火
夕暮れ前の青空の下での焚火
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで夕暮れの焚火
だんだん火も落ちてきました。各自まったりタイム

そろそろ日帰り入浴の時間も近づいてきたので霧ヶ峰キャンプ場の指定駐車場にて花火です。子供のためのイベント。 と遊んでいたら電話が入り、日帰り入浴はまだか?との確認電話です。 待たせてはいけないので早々に切り上げて入浴に向かいます。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで駐車場で花火
キャンプ場の指定駐車場にて花火(実はすぐに切り上げる)

霧ヶ峰キャンプ場に一旦戻り、各自お着換えセットをもって道路挟んで対面の双葉屋さんへ。
お待たせしてすいません。 全員お金を支払い入浴です。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&双葉屋で日帰り入浴
霧ヶ峰スキー場キャンプの道路挟んで対面の双葉屋さん
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで双葉屋の日帰り入浴浴槽
双葉屋のお風呂
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで双葉屋の日帰り入浴洗い場
洗い場
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで双葉屋の日帰り入浴脱衣所
脱衣所

お風呂が入れるだけで幸せです。 ハイキングの汗とキャンプ場の焚火の煙臭さを洗い落として霧ヶ峰スキー場に停めてあるキャンピングカーに集結して飲み会スタート

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&キャンピングカーで宴会
霧ヶ峰スキー場キャンプの駐車場に停めたキャンピングカー内で宴会スタート

ここまでくるとツマミはあっさり系です。 きゅうりの漬物ともろきゅうが人気
皆様のお酒も尽きてきた時間になったのでここでお開きです。 夜は雨が降りましたが、車中泊なのであまり気になりませんね。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&キャンピングカー
キャンピングカー組は運転席上と後部座席のベッドで就寝

他の人も各自の車に戻り就寝です。 いやー飲んだ飲んだ。
気温ですが車の中で17度ぐらいだったと思います。 外は14度ぐらいでしょうか。 寝るには十分すぎるほど冷えています。(夏なのに掛ふとんをきちんと掛けて寝ました)

翌日は霧ヶ峰キャンプ場と霧ヶ峰スキー場を散策


翌日は7時頃に目覚めました。 夜中結構雨が降ったので朝も霧が立ち込めています。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊の朝
霧ヶ峰スキー場の朝
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊のトイレ棟
霧ヶ峰スキー場のトイレ棟(夜中は真っ暗になるのでライトが必要)

8時から霧ヶ峰キャンプ場に戻って朝ごはんとしていました。 準備しているうちに空が晴れてきました。すばらしい朝の風景です。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊の朝
霧が消えて青空が見え始める
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊した幌馬車くんの中
翌朝の幌馬車くん

キャンプ場に戻って朝ごはんの準備です。 もともとは二日目がころぼっくるヒュッテで朝食の予定でしたが、天候が優れない予報でしたので晴れが確実な初日に変更したため、二日目はキャンプ場でホットサンドを作ることにしました。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで朝食
ホットサンドメーカーで作るホットサンド
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで朝食のホットサンド
余り食材のベーコンとアヒージョらしき残り具のマッシュルームとアスパラ(実は美味しい)
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで朝食のホットサンド
ベーコン&チーズに豪快にピクルスを丸ごと

コーヒーとスープで頂きました。 ここからは余った食材をホットサンドメーカーでちまちま作ってみました。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでホットサンドメーカーで作る料理のベーコン
ホットサンドメーカー料理のベーコン&チキチキボーン焼き
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでホットサンドメーカーで作るチキチキボーン焼き
ホットサンドメーカー料理のチキチキボーン焼き

ちなみに、チキチキボーンはコストコの大入り袋なので30本ぐらい入っていたでしょうか。 なかなか食べきれない。 二日目は王ケ頭にハイキングを予定していましたが、天気もすぐれない感じになってきたので余り食材を食べるということでキャンプ場に残ることとして腹を減らすために霧ヶ峰スキー場を散策することに。
8月で営業停止したリフトを登って周辺ハイキングです。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策
霧ヶ峰スキー場のリフトを歩いて登る

スキー場のゲレンデでは相変わらず大会が催されています。 調べたら「JFA全日本フリスビードッグ公式シリーズ選手権2020」たいそうな大会のようです。 我々、犬居ませんのでハイキング。

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策のリフト
霧ヶ峰スキー場のリフト下を登る
馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策の山頂
霧ヶ峰スキー場の山頂付近

この日はグライダーは飛んでいませんでした。 天気も回復してきたので飛んでいたらラッキーだったのですが。
このまま霧の駅側に歩いて向かいます。

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策の霧の駅に続く道
霧ヶ峰スキー場山頂のリフトtから霧の駅に向かう

霧の駅では(お腹一杯のはずなのに)ソフトクリームを食べました。
ソフトクリームは3カ所売っていて、それぞれ異なるソフトクリームを出すようです。 全員がバラバラの場所で買ってみたら違うものでした。

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策の霧の駅ソフトクリーム
生乳のソフトクリーム

天気がさらに回復。 晴れましたね。 キャンプ場に道路つたって帰るの勿体ないということで霧ヶ峰スキー場の山頂から戻ることにしました。 

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策で霧の駅から見た風景
霧の駅から見た霧ヶ峰スキー場の山頂への道
馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策で霧鐘塔
霧ヶ峰スキー場山頂付近の霧鐘塔(むしょうとう)鐘を鳴らすと幸せになれる?

帰りはリフト下を下るのではなく、迂回路があるとか。 そんな案内あまり書かれていないのですが、下るには緩やかな方が良いですね。異なるコースで戻ることにしました。

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策での風景
霧ヶ峰スキー場山頂から迂回路を使って下る途中の風景(緑の幌馬車くんが見えます)

途中で「霧ケ峰グライダーふれあい館」という建物が見えました。 入場無料。 寄っ見ました。
ドックらしき建物ですが、見学は横の見学コーナーからガラス越しで見えます。 

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策でグライダーふれあい館
霧ケ峰グライダーふれあい館

霧ケ峰グライダーふれあい館では無人の映像を流す室内スペースがあり、3本放映されます。 スイッチを押してベンチに座って放映を見ます(暗室なので寝落ち)
見終わって下ってくるとゲレンデ横の細道から戻ってこれました。

馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策
霧ヶ峰スキー場付近(右側にトイレ棟あり)
馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&周辺散策で駐車場に戻ってきた
霧ヶ峰スキー場の駐車場に戻ってきました。

時刻は13時ぐらい。 ゲレンデで催されていたJFA全日本フリスビードッグ公式シリーズ選手権2020は終了し撤収。 参加者の車も見事に居なくなっていました。
再びキャンプ場に戻って残った食材を食べます。 食べ終わるまで帰れま10(テン)

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで昼食のステーキ
ホットサンドメーカーで作る、アンガス牛のステーキ
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで昼食のベーコン
ホットサンドメーカーで作る、サイコロベーコン
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで昼食のベーコンアスパラ
ホットサンドメーカーで作る、ベーコンアスパラ焼き
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊で片付け
すべての食材が食べ終わりました。

すべての食材が食べ終わりました。 テント道具撤収して帰る準備です。 車を持ってくるため駐車場に戻ります。 キャンプ道具を撤収し、駐車場に戻ってきました。 最後の撤収準備です。
その前に昨日夜に飲み会したキャンピングカーを少し見せてもらうことにしました。

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊でキャンピングカー
キャンピングカー(178cmの自分が立っても天井にぶつからない)
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊でキャンピングカーの中
中央のテーブル(ここも倒すと2人寝れるようだ)
幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊でキャンピングカーの後部座席
後部座席側のベッド(二段ベッドになる)

時刻は15時30分 いい時間になりました。
本日の行程はこれにて終了。 各自帰路へ。 お疲れ様でしたー

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプでの帰りに虹
帰りは佐久付近で大雨に。虹が出たので思わず撮影

今回は台風10号という全国的に警戒している中での実施でした。 当初雨でしたが夜に雨は降ったものの、昼間は殆ど晴れの状態でしたので大変恵まれた天気だったと思います。 台風により観光客も半減したのではないかと思う空き状態でした。 キャンピングカーにより深夜まで濡れずに飲めたのも良い思い出。
大変充実した企画で終わる事ができました。


<前半の記事

幌馬車くんと行く霧ヶ峰スキー場の車中泊&霧ヶ峰キャンプで八島湿原ハイキング
八島湿原ハイキング

次の記事>

幌馬車くんと行く野沢温泉、野沢温泉スキー場の第二駐車場「車中泊」
幌馬車くんと行く野沢温泉、野沢温泉スキー場の第二駐車場「車中泊」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です