かんなの湯無料キャンプ場
キャンプ

2020年4月4日 かんなの湯無料キャンプ場(自由広場)


日帰り温泉施設の「かんなの湯」の裏地にある自由広場(通称:かんなの湯裏の無料キャンプ場)に来ました。 こちらは かんなの湯が公式に運営している(有料の)キャンプ施設とは別で神川町が運営している自由広場になります。気軽に泊まれるキャンプを探しましたが、おそらく関東周辺で数ある無料キャンプ場の中で秀でた無料施設ではないかと思います

かんなの湯無料キャンプ場
かんなの湯 全体マップ (日帰り温泉施設奥が無料のキャンプ場)

ここの無料キャンプ場の凄い所、おススメポイント


我が家のキャンプ場の選定基準は以下になります(川とか山とかで要件は変わりますが、一旦無料の場合として要件を絞りました)

  • 車が横付けできる(車中泊をしたり、車からタープを固定延長するため)
  • 火が使える(直火でなくても、薪や炭が利用できる)
  • 水栓トイレがある&ウオシュレットがある
  • 歩いて行ける距離にお風呂がある
  • 水道が使える(飲料水として)

ここまで条件がそろっています。 逆に無い物といえば

  • 予約はできない(早い者勝ち)
  • 電源はない(かんなの湯の駐車場にRVパークとして電源付き駐車場はあります)
  • 温水は出ない
  • ゲートが夜間は締まる(17:00~翌8:30までは鎖で入口ゲートが封鎖されます)
  • ショップがない食材は売っていない(かんなの湯の販売所に薪とかは売っている)

オートキャンプ場ではないので当然ですが、贅沢です。 十分でしょう

本日の荷物


本日は嫁の2名で車中泊+キャンプの最小装備にしてみました。

かんなの湯無料キャンプ場
キャンプ装備だけの荷物
かんなの湯無料キャンプ場
車中泊グッズと食料などすべて積んだ状態

キャンプ道具はRVBOX1つだけです。 そのほかにテーブルコンロとパラソルを積みました。
車中泊グッズではイワタニの風暖というカセットコンロを準備です。(結局使わなかったですが)
お酒と食材でソフトクーラーバックをそれぞれ1つずつ用意しました。

キャンプ場到着


到着です。 本日の天気は晴れで最高気温20℃だそうです。 9時前に到着したのに春のキャンプ日和な日でしたので朝から車が並んでいます。
既に何回も利用していますが、こちらの入場ゲートは8:30から開門という事ですがフライングしてもっと早い時間から空いていることがあるので良い場所を取りたい人は早めに出かけることをお勧めすます。(上級者になると開門前から歩いて荷物を運搬して場所取りをします)

かんなの湯無料キャンプ場
入り口付近(桜が満開です)
かんなの湯無料キャンプ場
無料キャンプ場は町が運営する「自由広場」になります
かんなの湯無料キャンプ場
到着時の注文の様子(ここだけでも40台ぐらいは駐車できそうです)
かんなの湯無料キャンプ場
到着時の様子(駐車場よりもキャンプ場広場に面した駐車場の方が人気)
かんなの湯無料キャンプ場
到着時の様子(結構埋まっています)

開門して20分経過したはずなのですが、既に大型テント貼られていますので前日に来た人か、ゲートが開くの早かったかでしょうか(あとで出て来ますが、この時期は深夜のゲート封鎖をしていないようです)

設営


設営といっても最小装備ですので車を横付けしてちょっとしたキャンプ道具を広げるだけです。

かんなの湯無料キャンプ場
RVBOX1つにコンロとパラソル
かんなの湯無料キャンプ場
COBOのアウトドテーブル(軽量でコンパクト)
かんなの湯無料キャンプ場
COBOのアウトドテーブル 組み立て完成
かんなの湯無料キャンプ場
COBOのアウトドアチェア
かんなの湯無料キャンプ場
COBOのアウトドアチェア 組み立て完成
かんなの湯無料キャンプ場
COBOのアウトドアテーブルとチェアのセット
かんなの湯無料キャンプ場
UNDOK(バンドック) パラソル スタンド
かんなの湯無料キャンプ場
UNDOK(バンドック) パラソル スタンド 組み立て完成
かんなの湯無料キャンプ場
コールマン アルミ製 ロールテーブル (足は古くてメーカ不明)
かんなの湯無料キャンプ場
コールマン アルミ製 ロールテーブル 完成
かんなの湯無料キャンプ場
車中泊仕様に(板を上段に移動)
かんなの湯無料キャンプ場
LOGOS(ロゴス) テーブルコンロ
かんなの湯無料キャンプ場
キャンプ道具設営完了
かんなの湯無料キャンプ場
全体図

今回は軽量キャンプなので荷物は最小限にしました。
設営が簡単なのは勿論ですが、撤収時に汚れないでさっと仕舞える点を重視しています。 結果、日よけはパラソル(影さえできれば良い)とコンパクトなローチェア&テーブルです。 ただし、COBOのテーブルはものを置いても安定しないので調理用にコールマンのロールテーブルを持ってきました。 コンロは調理したものを保温する用&暖房用です(なので煙の出ない炭が最高)

本日のキャンプ料理


朝から夜まで飲みを楽しむので調理の少ないつまみを用意しました。

かんなの湯無料キャンプ場
レモン&バジルウィンナー(アスパラは次の調理用で調理中)
かんなの湯無料キャンプ場
シーフードとアスパラのガーリック炒め
かんなの湯無料キャンプ場
コーンの醤油バター(調理後に写真撮り忘れました)
かんなの湯無料キャンプ場
サイコロステーキ
かんなの湯無料キャンプ場
カマンベールチーズのフォンデュ
かんなの湯無料キャンプ場
アヒージョ

用意したメニューは以下の通りです(写真撮っていないものも含む)

  • ウィンナー
  • アボカドとクリームチーズのめんつゆ漬け
  • シーフードとアスパラのガーリック炒め
  • コーンの醤油バター
  • オリーブの実
  • サイコロステーキ
  • カマンベールチーズのフォンデュ
  • アヒージョ
  • 漬物
  • スナック菓子

4月の気温と夜の寒さ


写真などは残していませんが、晴れていれば昼間は長そでで暖かいぐらい。座っているだけならもう一枚あると良いです。 夜は車の中はそこそこ暖かい(ガラスに全面サンシェード取り付け時)ですが、外は寒いです。湯たんぽを持って行ったので抱いているとポカポカしています。 持って行ったカセットコンロは結局使いませんでした。 もう少し冷え込む日だったら使ったかもしれません。 朝方起きると社内が少し寒かったですが1枚羽織ることで過ごせるぐらいです。
※今回、日帰り温泉はコロナウィルスの騒ぎがあったので利用しませんでした(外湯の炭酸風呂楽しみだったのですが)
夜桜を眺めながら、周りが薪をガンガン燃しはじめていぶ臭い香りが立ち込め始めたので車中飲みに切り替えました。

最後に


世間はコロナウィルス騒ぎですね。 無料キャンプ場も2020年4月6日から当面の間閉鎖することになったそうです。(これが関係しているのか、夜もゲートは封鎖されておらず24時間車の出入りが可能でした)
トイレのウオシュレットも故障しているようでしたので、次回復帰の際には一新されることを祈りつつ、次回も来たいと思います。

かんなの湯無料キャンプ場
当面利用中止の看板
かんなの湯無料キャンプ場
午後には入口に看板が設置されました

次の日記>

軽自動車キャンプと軽キャンピングトレーラーの牽引
軽自動車キャンプと軽キャンピングトレーラーの牽引

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA