幌馬車くんの内装ギャラリー

Stage21の軽自動車でも牽引できるキャンピングトレーラーで牽引免許不要の『幌馬車くん』になります。
こちらの車両をベースに制作した完成写真をご紹介します。

幌馬車くんとは/軽トレーラーの牽引
画像をクリックするとページ遷移します。


エブリィワゴンと軽トレーラーの幌馬車くん
キャンピングトレーラーの幌馬車くんとは

トレーラーのヒッチポールとヒッチカプラーの連結
軽トレーラーの牽引

それでは各制作のご紹介

床&壁


床はクッションフロアマットを敷いています。

幌馬車くんの内装制作の床と壁紙、天井
床と壁紙、天井の施工

床のビフォーアフター

幌馬車くんの内装(引き渡し時)
幌馬車くんの内装(引き渡し時)
幌馬車くんの床
施工後

床は「クッションフロア ナチュラルタイル」を使用
厚さ2.3mmありますので多少の断熱にもなります。

施工工程はコチラ↓

幌馬車くんの床のマット
床の施工工程

壁のアフター

幌馬車くんの内装制作の床と壁紙、天井
壁の施工後
幌馬車くんの内装制作の床と壁紙、天井
天井の施工後

壁は「木目調 クッションシート ビンテージウッドAB3」天井は「木目調 クッションシート ホワイトウッド」を使用しています。
クッション素材で厚さ8mmありますので断熱と非常に高いクッション性、デザインを兼ねています(シールになっているので貼るだけです)

制作工程はコチラ↓

幌馬車くんの壁の制作
壁の制作工程

ギャレー(水回り)


幌馬車くんのギャレー制作DIY(手洗い場)手洗い場

間接照明にしてみました。
水はウオーターポンプにより、ボタンを押すと水が出てきます。
このサイズにあうシンクがメーカー欠品でウオーターポンプ以外はすべて自作で作りました。
ウオーターポンプはUSB充電によりバッテリーで稼働してくれます。

幌馬車くんのギャレー制作DIY(手洗い場)手洗い場
中の仕組み(シンプル)
幌馬車くんのギャレー制作DIY大容量バッテリー
ギャレー全体

制作工程はコチラ↓

ギャレーの制作工程
ギャレーの制作工程

シンクはパンに穴を開けて上水をウオーターポンプで汲み上げて、下水はパンから下水のタンクに流しているだけです。
下段は外部電源の取り込みと大容量バッテリーはの置き場になっています。ここから中の電源系統に配線がされています。
一番したの隙間はスリッパ置き場になります。

ソファー、ベッド


幌馬車くんのソファー制作DIY
ソファーモード(マットはこれから搬入)
幌馬車くんのベッド制作DIY
幌馬車くんのベッドモードのサイズ
幌馬車くんのベッド制作DIY
ベッドモード(マットはこれから搬入)
幌馬車くんのベッド制作DIY
ベッドは170cm×140cm
(拡張した方は188cmの長さ)
※写真は壁設置前
幌馬車くんのテーブル制作(DIY)
テーブルは152cm(メイン128cm、サブ25cm)×35cmで開閉式
幌馬車くんのテーブルのサイズ
幌馬車くんのテーブルのサイズ

ソファー下はすべて収納となっています。
(収納スペースは165cm×75cmの大空間)布団もここに格納できます。
テーブルは脚がないので足元が大変広い状態です。
ポータブル冷蔵庫など持ち込んでも十分に置くスペースが確保されています。
追加で棚を設置しました。 取り外し可能ですので普段は格納しています。

エブリィワゴンと軽キャンピングトレーラーを牽引してキャンプ
LED照明は「電球色」「昼白色」「昼光色」に切り替え可
(写真は初回キャンプ時の実際の使用風景)
丸沼高原オートキャンプ場にエブリィワゴンと軽キャンピングトレーラーを牽引してキャンプ
ベッド状態

制作工程はコチラ↓

幌馬車くんの内装制作(DIY)
ソファー・ベッドの制作工程

制作工程はコチラ↓

テーブルの制作工程
テーブルの制作工程


計画していた個所に棚を設置できなかったので、切り出した木材からテーブルの上面に取り外し可能な棚を作りました。

幌馬車くんの棚の自作(DIY)
幌馬車くんの棚(テーブル上部に作成し取り外し可能)
幌馬車くんの棚の自作(DIY)
棚をテーブル下に格納

制作工程はコチラ↓

棚の制作工程
棚の制作工程

電源


大容量バッテリーのJackery700
大容量バッテリーのJackery700

大容量バッテリーは「Jackery700」を置けるようにギャレー幅を調整
外部電源の取り込みが出来ないときでもAC電源を室内に供給可能です。
走行中に充電できるのも魅力です。

幌馬車くんの外部電源の取り込み
幌馬車くんの外部電源の取り込み
幌馬車くんの電源コンセント設置(DIY)
電源はテーブル面に3カ所
(配線は目張済)
幌馬車くんの電源コンセント設置(DIY)
ソファー面に1カ所
(画面右下のテーブルタップ)

AC電源は外部からも取り込み可能でコンセントは4カ所に配置しました。狭い室内なので多すぎるぐらいですが、用途に応じて予め配線をしておきました。

幌馬車くんの照明設置(DIY)
幌馬車くんの室内照明

室内照明は「調光・調色 LED30灯USBバーライトコントロールスイッチ付き 電球色/昼光色」を使っています。 3色の照明に加え、豆電球程度の明るさまで調節できますのでこれ1つあればどんなシーンでも事足ります。

トイレ


幌馬車くんのソファーベッド制作(DIY)
写真手前の空きスペースがトイレ
幌馬車くんのトイレ制作(DIY)
内側から見たトイレ(カーテンを設置)

トイレスペースを設けました。 トイレはこれから購入予定でこのあとカーテンの仕切りを施工します。 ソファー・ベッド、トイレ、手洗いという最小設備の幌馬車くんの作りになっています。

幌馬車くんのトイレ装飾
幌馬車くんのトイレ装飾
幌馬車くんのトイレ装飾
幌馬車くんのトイレ収納時
幌馬車くんのトイレ装飾
トイレ装飾を椅子で使う場合
幌馬車くんのトイレ設置
昼間はトイレ使わないのでこんな感じになります

制作工程はコチラ↓

トイレの壁
トイレスペースの制作工程

制作工程はコチラ↓

トイレの装飾
トイレの装飾

ドア

幌馬車くんの扉の装飾(DIY)
扉の装飾

扉にも剥がせる壁紙を貼っています。 網戸にするときにドアは開けたままになりますので外にもアピールです。

幌馬車くんの扉のブラインド
扉にブラインドも作りました(取り付けた状態)

ハトメで取り付けてあるので取り外し可能です。

幌馬車くんの扉のブラインド
ブラインド無し
幌馬車くんの扉のブラインド
ブラインド有り(取り付け)

扉の窓はブラインドがないので自作してみました。 これで朝でも朝日が直接入り込むことは無さそうです

制作工程はコチラ↓

幌馬車くんの扉装飾(DIY)
幌馬車くんの扉装飾

その他の記事


他のページのご紹介になります。
(写真をクリックするとページ遷移します)

幌馬車くんの内装制作
幌馬車くんの内装制作

内装はすべて自作(DIY)で作りましたので、ギャラリーに完成写真を載せる前の、制作工程をご紹介します

幌馬車くん図面
幌馬車くん内装設計の図面

内装制作のすべての指針となる図面と工程のメモになります

キャンピングトレーラーの幌馬車くん
幌馬車くんとは

内部制作したトレーラーの幌馬車くんのご紹介になります。


軽自動車の牽引登録(950登録)はコチラ エブリイワゴンのの950登録

キャンピングトレーラーの連結はコチラ トレーラのヒッチポールとヒッチカプラーの連結