観音山キャンプパークジョイナス
キャンプ場 群馬県

2022年2月26日 観音山キャンプパークジョイナス バンガロー泊

冬のキャンプは寒いのと雪があるので遠慮しておりましたが、雪が無い通年営業のキャンプ場が近場にありましたので行ってみました。
本当はオートキャンプ(電源付き)を予約したかったのですが、すでに一杯ということでバンガローに宿泊しております。 2月のキャンプ場は最低気温が-1℃、最高気温が12℃とのことでした。

車中泊候補地情報 観音山キャンプパークジョイナス


※軽キャンピングトレーラー(幌馬車くん)を基準とした、独自のこだわりポイントなど加味した判定です。 基準はコチラ→https://centisland.com/car/archives/1479

項目      評価  コメント
キャンプ場 △ 山の斜面を利用したキャンプ場でフラットな場所が少ないため、区画サイトなどの敷地以外は急斜面にあると考えてよいです。 そのため管理棟などの移動の際にもアップダウンなどございます。 駐車はオートキャンプ区画以外はすべて車の停車ができず、入口の駐車場に車を停める必要があります。 山で人里からも道路からも離れているため、夜はとても静かです。 不便さを楽しむキャンプ場としては使えると思います
標高 △ 211m 標高は殆どありません。春・秋の寒い季節に利用できると思います
アクセス ◎ 吉井IC降りてからの下道27分はアクセスは良い。 最後、道路幅が狭い所がありますが殆ど局所的ですので問題はなさそうです
トレーラ受入 △ バンガローは不可。そもそもキャンプエリアに車搬入ができません。 入口の駐車場に停車となります。(オートキャンプ区画は駐車が可能ですが、トレーラーは確認していません) ちなみに駐車場に停車するのはOKのようです(自己責任)
区画広さ △ 今回はバンガロー宿泊ですのでキャンプサイトは未確認。 小さいバンガローのバーベキュースペースはとても狭く大人4人ぐらいが(私の所は2名)快適な広さです
バンガローの中は7畳ぐらいあるのか広く感じました。
入浴 △ シャワーのみです。 オフシーズンは営業時間が短く管理棟に人が居るときしか使用できないので朝9時~17時半と大変短い時間でした(チェックインが13時なのでシャワー入れるのは僅かな時間です)
トイレ設備 〇 水洗トイレです。 和式と洋式があります(ウオシュレット無し)
夜は人感センサにより勝手に点灯します
炊事場 △ 至ってシンプルな作りです。 (お湯はでません)
AC電源 〇バンガローには電源があり2口のコンセプトがあります。 夜にブレーカーが落ちたのですが1棟15~20Aぐらい使える印象でした。
(このほか、オートキャンプサイトにも電源があるようです)
プラス評価 △冬でも雪が降らず営業しております。 市営なのか料金も大変お安いです。
ちょっとお出かけするという使い方としては使えると思いました。
総合評価 〇 お値段もそこそこお安く、気軽に行ける点は良かったです

前回の観音山キャンプパークジョイナスの宿泊(駐車場トレーラー泊)

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く観音山キャンプパークジョイナス
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く観音山キャンプパークジョイナス

2022/3/19追記:観音山キャンプパークジョイナスのオートキャンプサイト泊

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く観音山キャンプパークジョイナスのオートキャンプサイト(電源付き)
観音山キャンプパークジョイナスのオートキャンプサイト

観音山キャンプパークジョイナスの予定


チェックイン時間を意識して買い物をしてキャンプ場に向かいました
青字がこのページでの説明

  • 1日目
    • お昼前 出発
    • 11時頃 スーパーで買い物
    • 12時半頃 チェックイン及び設営後呑みはじめ ※チェックインは13時です
    • 23時頃 就寝
  • 2日目
    • 8時頃 起床
    • 10時頃 チェックアウト
    • 昼前 帰宅

今回は初めての冬キャン&次回視察兼ねたお試しでキャンプでバーベキューして夜は部屋の中で鍋という感じです。 気温も少し緩んで2月の下旬の最高温度は12℃、最低は-1℃という予報でした

観音山キャンプパークジョイナスの冬の2月の最高気温は12℃
2月の観音山キャンプパークジョイナスキャンプ場の気温は12℃

観音山キャンプパークジョイナスへのアクセスルート


高崎ICのイメージでしたが、最寄ICは吉井ICのようです。(私はこのルートではありません)

観音山キャンプパークジョイナスのアクセスルート
観音山キャンプパークジョイナスへの最寄りICからのアクセスルート
観音山キャンプパークジョイナスへエブリイワゴンでキャンプに行ってきた
観音山キャンプパークジョイナスへのバンガロー泊の荷物
観音山キャンプパークジョイナスへエブリイワゴンでキャンプに行ってきた
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー宿泊は布団などが荷物でかさばる

オートキャンプサイトでトレーラーを持っていく予定でしたが、予約いっぱいということでバンガロー宿泊に変更しましたが、布団が無いので持っていくことになりました。 冬なので寒いでしょうから普通に布団をもっていきます。 羽毛布団+毛布+電気敷毛布でぬくぬくの予定です。

観音山キャンプパークジョイナスへエブリイワゴンでキャンプに行ってきた
観音山キャンプパークジョイナス へ出発

13時にチェックインです。 途中買い物などしてキャンプ場に向かいました。
あっという間に到着です。

観音山キャンプパークジョイナス の入口の看板
観音山キャンプパークジョイナス の入口(ここまでほぼ案内は無く、入口に看板のみ)
観音山キャンプパークジョイナスの入口
観音山キャンプパークジョイナス に到着
観音山キャンプパークジョイナスの案内の看板
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行く観音山キャンプパークジョイナス

キャンプ場に到着しました。 こちら入口に駐車場があり、バンガローやキャンプサイトなどは車が駐車できないので荷物搬入後はこちらの駐車場に停める必要があります。 唯一オートキャンプサイトの6区画のみ車を横付け可能です。 ちなみに今回のパンフレットはカラーではなく、モノクロの両面印刷に変わっていました。
勝手がわかっているので管理棟まで車で進みます。

観音山キャンプパークジョイナスのパンフレット
(前回の写真)観音山キャンプパークジョイナスの案内図

急斜面の道路を登っていくと管理棟がでてきます。 車はここが終点で管理棟にも一時的には駐車できますが、用事が済んだら速やかに移動させる必要があります。

観音山キャンプパークジョイナスの管理棟の登りの道路
観音山キャンプパークジョイナスの管理棟付近(荷物の搬入は奥と手前の余剰スペースに停めて作業できる)

一番奥の行き止まりの場所に車を停めて管理棟にチェックインします。
(チェックインは13時でしたが、12時台に手続きして頂きました。 料金表にもアーリーチェックインという概念が無いのでそのとき次第の対応でしょうか。感謝)

観音山キャンプパークジョイナスの管理棟
観音山キャンプパークジョイナス の管理棟(一時的な場所でここに駐車はできません)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの鍵
お金を支払い、バンガローの鍵を頂きました(バーベキューの紙は特に意味ありません)

お金を支払って鍵を頂きましたので荷物を搬入します。 リヤカーに移して作業しますが、目の前のバンガローだったのと、リヤカーが見当たらないので1つ1つ運びました。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローへの荷物搬入
観音山キャンプパークジョイナス
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー (管理棟付近から撮影)

バンガローは5人用です。 トイレから一番近い場所を希望したところ、NO.5のコデマリになりました。
この日のバンガロー利用者は私たちのみ。 オートキャンプサイトなどは予約一杯とは真逆ですね。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
観音山キャンプパークジョイナス のバンガローの外観
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
観音山キャンプパークジョイナス のバンガロー NO.5の『コデマリ』

バンガローは斜面に建っているので場所により入口付近が2階の高さに感じたりします。
この付近はバンガローの斜面の下にバーベキューできるスペースが用意されています。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
バンガローのバーベキュースペース(NO.5の『コデマリ』狭い・・2名ぐらいが最適な広さ)

このあといくつかのバンガローを見ましたが、バーベキュースペースは棟により個体差が結構ありますので人数多い時には予約時に管理棟に相談をすると良いかと思います。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟
NO.5の『コデマリ』の入口へ続く階段を登ったところからの撮影(トイレが近い)

管理棟付近の行き止まりの駐車場スペースに停車して荷物の搬入を終えました。このあと車を駐車場に移動します

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
バンガローに荷物移動完了
観音山キャンプパークジョイナスの駐車場スペースは勾配がきつい
車の停車は入口の駐車場スペースに停めます

駐車場からバンガローに戻りますが、斜面がキツイので息が切れます。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側の登り階段
駐車場からバンガローに向かう階段

バンガローに戻ってきました。 

観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー(5人用)紹介

建物は年季入っていそうですが中は比較的綺麗で好感が持てました

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
バンガローのドア(昔ながらのドアノブ)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの注意書き
バンガローの注意書き
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
観音山キャンプパークジョイナス のバンガローの中(結構綺麗)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリ
観音山キャンプパークジョイナス のバンガローの中(下駄箱、清掃道具、ゴミ箱、タオル干し、電源コンセント)

バンガローには電源があります。 2口ですので、口数を増やす延長コードを持参すると便利かと思います。
容量は15-20Aのようで、セラミックヒーター×2とIHを使っていたら夜中にブレーカーが落ちました。
ブレカーは入口ドアの上部付近にありますので、スイッチ戻せば電気もとに戻ります。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのNO.5のコデマリは電源コンセント有り
観音山キャンプパークジョイナス のバンガローには電源コンセントがある

電源有無は事前に調べてから行きました。 冬なので暖房用として期待しまくりです。
※尚、(2台で)1300W相当のセラミックヒーターで暖を取りましたが5人用のバンガローを温めるには熱量不足で昼間20℃→夜18℃→早朝12℃ぐらいまで室内温度は低下しています(朝の外気は6℃でした)

観音山キャンプパークジョイナス の施設紹介

本当であれば冬はトレーラー稼働していないので、幌馬車くんを牽引してオートキャンプサイトに停まりたかったのですが予約一杯なので今回は視察ということで、次回のためにキャンプ場を視察・紹介します

観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟
トイレ棟と炊事場

ここは場所的にバンガロー宿泊者用になります。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟
トイレの正面
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟の洗面
洗面は2つ(水のみ出ます)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟の男子トイレ
男子トイレ
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟の便座は和式あり(ウオシュレット無し)
便器はいくつかの和式と洋式が1つだけあります
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側の炊事場
炊事場(水のみでます)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側の炊事場にあるピザ釜
ピザ釜?〇〇寄贈と書かれていました
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側の炊事場にある炭捨て場
灰捨て場
観音山キャンプパークジョイナスのバンガロー側のトイレ棟とNO.5のコデマリの位置関係
NO.5コデマリからのトイレ棟の近さ

上の写真のトイレ棟の左側に階段があり、山に登っていける道がありました。
実際にはそれほど登りませんが、反対側の公園へと続いており近道になります。

観音山キャンプパークジョイナスのわんぱく広場
わんぱく広場に向かいます
観音山キャンプパークジョイナスのわんぱく広場
わんぱく広場、立派な滑り台もある(遊べるかは不明)
観音山キャンプパークジョイナスのわんぱく広場
バーベキュー施設?屋根がない

わんぱく広場の隣にあるトイレ棟です。 このトイレの下の斜面にオートキャンプサイトがあります。

観音山キャンプパークジョイナスのわんぱく広場にあるトイレ棟(オートキャンプサイトも利用)
わんぱく広場のトイレ棟(こちらもウオシュレットは無いそうです)
観音山キャンプパークジョイナスのオートキャンプサイトの6区画は電源あり
観音山キャンプパークジョイナス のオートキャンプサイト(6区画電源付き)
観音山キャンプパークジョイナスのオートキャンプサイトの6区画は電源あり
観音山キャンプパークジョイナス のオートキャンプサイト(夕方に再度撮影)

オートキャンプサイトは全部で6区画で電源があるのが特徴です。 トレーラーは止められそうですがUターンできないのでバックで何とか入るか、最初から切り離して停める狭さでしょうか
レイアウトも分かったので次の候補区画も目星つきました

観音山キャンプパークジョイナスのオートキャンプサイトの6区画は電源あり
オートキャンプサイトの入口は1カ所しかない

再び管理棟に戻ってきましたので、シャワー室を見たいと思います

観音山キャンプパークジョイナスの管理棟
観音山キャンプパークジョイナス の管理棟入口
観音山キャンプパークジョイナスの管理棟
多目的スペース?
観音山キャンプパークジョイナスの管理棟にあるシャワー室
管理棟の中にシャワー室がある

シャワー室は男性が3基ありました。 お金を入れると使えるようです。
時間はオフシーズンは管理棟が18時までのようですが、17時半には退室してほしいと言われました。
※チェックインが13時~なので17時半までにシャワー終わらせるとかちょっとバタバタしますね。
 ご案内の看板を見る限りでは7月と8月に限っては21時と書かれているので20時30までは使えると推測します

観音山キャンプパークジョイナスの管理棟にあるシャワー室
シャワー室
観音山キャンプパークジョイナスの管理棟にあるトイレ
管理棟のトイレ

バンガローでバーベキュー開始

(実際にはバーベキュー後に園内を撮影しています)
荷物の搬入も終えたのでバーベキューを楽しみたいと思います

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュースペース
バーベキュースペースは下の段の空間です

NO.5のコデマリのバーベキュースペースは狭いです。
今回は最低装備しかもってきていませんが、椅子2つ置いたらいっぱいいっぱいです

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュースペース
バンガローでのバーベキュー
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー
卓上バーベキューコンロを使いますので火を起こしてセット完了
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー
まずは乾杯
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー
野菜スティック?なども準備
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー カルビ
まずはカルビから
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー 鳥肉
鳥シリーズ(ナンコツ、砂肝、せせり)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー ハンバーグ
ハンバーグ
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー ウィンナー
ハンバーグ焼いている隣でウィンナー
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュー ほるもん
最後にホルモン

おいしく頂きました。
時刻は15時ぐらいになります。 このあと日が落ちて寒くなってくるのでバンガローの中に移動準備をします。
鍋食材など事前に切ってセットしておきました

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュースペース
隣のバーベキュースペースの方が広そう
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローのバーベキュースペース
NO5のコデマリから隣のバンガローを撮影(やっぱりバーベキュースペース広そう)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの写真
反対側にあるバンガローはバーベキュースペース狭そう・・・

日が暮れる前にバーベキューセットなど撤収し、部屋のみ用に荷物を移動させます。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)
バンガローのライト点灯(夜はライト付けても暗い感じです)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)は電源コンセント有り
部屋のみ用のテーブル持参(あるととっても便利)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)で布団を敷く
お布団セット(電気毛布もこのあとセット)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)の出窓
外の荷物を出窓に置きました(火は使っていない)
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)で部屋のみ
まずは軽いスナックから
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)で部屋のみ
ワインとオリーブ
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)で部屋でIHを使って鍋
IHにて鍋開始
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)で部屋でIHを使って鍋
湯豆腐
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの中(大人5人用)で部屋でIHを使って鍋
湯豆腐がうまい
観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの2月の気温 セラミックヒーターを付けた温度
バンガローの気温は20℃

昼間のバンガローの気温は20℃、日が落ちた時は19℃で時間経過とともに外が冷えてくるので室内気温も下がっていきます。 2つのセラミックヒーターでも熱量足らないのでIHでお鍋しながら部屋を暖めました。
(深夜就寝のときには16℃台になっていました)
電源使いすぎたらブレーカーが落ちました

観音山キャンプパークジョイナス
バンガローの入口上部にあるブレーカー(ONにしたら電気戻りました)

部屋で映画を一通り鑑賞して深夜に就寝です。
夜は電気毛布+羽毛布団で寒くは無かったです。

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの2月の気温 セラミックヒーターを付けたままの朝の室内温度
朝おきたときのバンガローの室内温度

セラミックヒーターを付けたままでも室内は寒い。 外の気温も測ってみました

観音山キャンプパークジョイナスのバンガローの2月の外気温
外の気温は6℃(日が出てきた8時頃)

この後は朝食を食べることなく、チェックアウトの準備をして10時前ぐらいにチェックアウトしました。
(朝食は近くのマックで)
雪の降らない通年キャンプ場が近場にあったので利用してみましたが、以外に使えるかも。
次回はオートキャンプサイトでのトレーラー泊を目指します。

<前の記事()


道の駅「保田小学校」
道の駅「保田小学校」

次の記事()>



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA