エブリィワゴンのベッドサイズ


車中泊とは 自動車を駐車しておいて自動車内で泊まることです。 快適に寝るにはそこそこの装備を整えた方が良いかと思いますのでこのあたりを説明します。

エブリィワゴンの荷台スペース ベットキットなどの車中泊グッツ
エブリィワゴンの荷台スペース ベットキットなどの車中泊グッツ

こちらが普段使いの車の状態です。下段のラッゲージボードに台を置いてその下部はすべて車中泊のものが収納されています

  • エブリィワゴン専用マットレス
  • 自作の拡張用マットレス+固定キット
  • エブリィワゴン用の車中泊用のサンシェード
  • 自作のテーブル
  • 他車中泊用のグッズ
エブリィワゴンの荷室スペース エブリィワゴンの荷物をすべて出した状態
エブリィワゴンの荷物をすべて出した状態

二列目のシートは左が一番後ろにスライドした状態右が一番前にスライドした状態になります。二列目のシートを倒すとフラットな室内スペースが現れます。 シートの収納は足元にすっぽりと収まります。

エブリィワゴンのフルフラット状態
エブリィワゴンのフル状態(二列目シートに段差と助手席のシートにも段差がある)

こちらが(一応)フルフラットな状態です。 実際には二列目シートを足元に収納してもそこに段差があるのでこのまま寝るのは少々厳しいかと思います

エブリィワゴンの二列目シートを足元に収納した状態 これでフルフラット
エブリィワゴンの二列目シートを足元に収納した状態

これが二列目の段差です。計測していませんが、5cmぐらいは高低差あるかと思います。
この段差を埋めるために専用マットレスを使うのが最も手っ取り早いです。

エブリィワゴンのベッドキット Levolva DA17Wエブリイワゴン専用マットレス
Levolva DA17Wエブリイワゴン専用マットレス

自分が選んだのは床面に直接敷くマットレスタイプです。 ベッドキットなどで床から数十センチ高くするキットも販売されていますが

  • 床に敷くマットレスタイプ
    • 乗車モード(もしくは車中飲みモード)から簡単にフルフラットにレイアウト変更が可能
    • 座高高が高く取れて空間上の圧迫感が少ない
    • しかし完全なフルフラットではない ※専用マットレスで補う
    • 床に直に敷設しているのでキシむこともグラグラすることも無い
  • 床から数十センチ跳ね上がるベッドキット
    • 完全なフルフラットが手に入る
    • 跳ね上げる分、座高高が犠牲となり圧迫感が出てくる
    • 敷設がそこそこ面倒

自分は社内で飲んだ後でフルフラットにするのに時間をかけるのが嫌だったのでマットレスタイプを選択しました。 実際に室内空間を測っていきます

エブリィワゴンの長さ(一列目のシートは調整しない場合)


エブリィワゴンの専用マットレス 運転席のシートは一番後ろまでスライドさせた状態
運転席のシートは一番後ろまでスライドさせた状態
エブリィワゴンの専用マットレス 運転席のシートは一番後ろまでスライドさせた状態 の寸法
運転席のシートは一番後ろまでスライドさせた状態 の寸法
エブリィワゴンの専用マットレス 運転席のシートは一番後ろまでスライドさせた状態 の寸法
運転席のシートは一番後ろまでスライドさせた状態 の寸法

正規品では170cmになります。 運転席を一番後ろにスライドしても専用マットレスが敷設できるようにしてあります。 これだと男性はきついですよね。 どうやって190cm以上もの空間を捻出するのかですが、車中泊では運転をしないので運転席のスライドを一番前まで追いやれば良いのです。

エブリィワゴンの 長さ(一列目のシートを調整した場合)


エブリィワゴンの専用マットレス 運転席のシートを一番前までスライドさせた状態
運転席のシートを一番前までスライドさせた状態
運転席のシートを一番前までスライドさせた状態 隙間をコンパネで埋めた
運転席のシートを一番前までスライドさせた状態 隙間をコンパネで埋めた
エブリィワゴンの二列目マットレス補填 運転席のシートを一番前までスライドさせた状態 隙間をコンパネで埋めた その2
運転席のシートを一番前までスライドさせた状態 隙間をコンパネで埋めた その2

隙間にコンパネを敷きました。 コンパネのサイズは28cmです。 この上に自作の拡張マットレスを敷きます。

エブリィワゴンのマットレス自作 自作の拡張マットレス
自作の拡張マットレス

自作の拡張マットレス になります。 ネットで売っているものから作っています

  • 高級合皮生地切り売り“GT-X”137cm巾 フェイクレザー (表面)
  • スポンジウレタンチップ圧縮タイプウレタン吸音材 【硬め】
  • ニードルフェルト巻91cm
  • 両面テープ

購入履歴を探したらすべて楽天で購入していました。

エブリィワゴンのマットレス自作 自作の拡張マットレスを敷いた状態(助手席+運転席)
自作の拡張マットレスを敷いた状態(助手席+運転席)

実際に寸法を測ってみます

運転席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設
運転席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設
エブリィワゴンのマットレス自作 運転席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設 の寸法
運転席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設 の寸法
エブリィワゴンのマットレス自作 運転席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設
運転席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設

194cmまで確保できました。 ここまでくると大抵の人は十分な空間を確保できていると思います。
ちなみにこの専用マットは二列目シートの段差を吸収するように作られています

エブリィワゴンの専用マットレスの裏面 段差とフックの出っ張りを吸収できるように作られている
エブリィワゴンの専用マットレスの裏面 段差とフックの出っ張りを吸収できるように作られている

二列目シートの固定器具のフックと段差を埋めるようにできています。 なのですっぽりと収まります。

運転席・助手席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設
運転席・助手席のシートは一番前までスライドさせた状態 +自作マットレス敷設

これが両面敷設した状態です。

  • 専用マットは縁取り含めてすべて車の型に合わせているのでジャストサイズでハマる
  • 二列目シートの段差は吸収しているが、完全なフルフラットではない(感覚でいうと緩やかな勾配があるが緩やかすぎて全体的に斜度がある感じだが、頭を運転席・助手席側に向ける状態だと全く気にならない

エブリィワゴンの 長さ(助手席シートを活用した場合)


エブリィワゴンの助手席もフラットに倒せるため、ここを枕がわりに使うとさらに空間を使えます。
その場合の寸法を紹介します

エブリィワゴンの助手席シートを倒した状態
エブリィワゴンの助手席シートを倒した状態
エブリィワゴンの助手席シートを倒した状態 助手席シートとの段差
助手席シートとの段差

段差は約9cmあります。 この段差を枕とした場合の室内長を測ってみます

助手席シートを枕代わりに使った場合の室内長
助手席シートを枕代わりに使った場合の室内長
助手席シートを枕代わりに使った場合の室内長 の寸法
助手席シートを枕代わりに使った場合の室内長 の寸法

211cmありました。 ほぼ誰でも寝れるのではないでしょうか。

エブリィワゴンの車中泊の室内長の寸法 室内長最高状態
エブリイワゴンの室内長 最高

まとめ

  • 一列目の運転席・助手席を調整しなければ、二列目以降の室内長は170cm
  • 運転席を一番前まで倒せば室内長は194cm
  • 助手席のシートを枕代わりに使えば室内長は211cm

<前の記事


エブリイワゴンの車中泊仕様
エブリイワゴンの車中泊仕様

次の記事>


エブリイワゴンの荷室サイズ
エブリイワゴンの荷室サイズ

軽自動車の牽引登録(950登録)はコチラ エブリイワゴンのの950登録

キャンピングトレーラーの連結はコチラ トレーラのヒッチポールとヒッチカプラーの連結