エブリイワゴンの擦り傷
修理

エブリイワゴン 擦り傷の修理


エブリイワゴンの側面を駐車場の柱に擦ってしまい、キズがつきましたので自分で修理してみることにしました。 幸い、キズはありそうなものの凹みや塗装が剥がれるという致命的なダメージは無さそうです。(部分的に塗装が剥げたであろう部位は極小で存在しそうですが)

エブリイワゴンの擦り傷
エブリイワゴンの擦り傷
エブリイワゴンの擦り傷
エブリイワゴンの擦り傷 助手席側面のハッチバック部分

結論から書きますと満足のいく結果が得られました。

塗装前後
タッチアップを使って塗装した結果

友人の自動車整備工場に確認したところ、直す方法は2つのようです。

  • 板金塗装
  • タッチアップ

板金塗装


擦り傷部分を塗装します。 プロによる塗装ですので基本は塗装部分と塗装していない部分の見分けはつかないぐらい綺麗に仕上げてくれます。
料金は今回見積もっていませんが数万円掛かるといっていました。(見積依頼していません)

タッチアップ


あまり聞き慣れない言葉ですが、車のカラーと同じペイントが豊富に販売されており、タッチアップペン(タッチアップペイント)として少量のペイントとハケ付きのキャップが一般的に売られています。
売っているのはペイントなので自分で塗装します。 販売されているカラーはメーカ純正のカラー対応していますが、若干濃い色になるようです。 メーカカラー対応とうたっていますが、カラーサビ・腐食を防止という効能を出しているので、仕上がりは自己責任という感じで販売しているように見られます。

数万円もするのもどうかなと悩んでいましたが、キズの状態がひどくないのであれば、自分でタッチアップを試してみて気に入らなければ塗装を頼むというのはどうかと提案されたのでおっしゃる通りと納得し、まずは自分でタッチアップを試みることに。 早速ネットで注文してみることにしました。

自分の車の塗装カラーナンバーの確認方法


カラーナンバーは自分の車にプレートで貼ってありますので簡単に確認することができます。 エブリイワゴンの場合は運転席のドアのフレーム部分にありました。

エブリイワゴンのカラープレート
エブリイワゴンのカラープレート

エブリイワゴンのカラーナンバーはZVKでガーデニングアクアメタリックという名称でした。 ここまで分かればあとはネットで検索して発注をするだけです。

塗装の準備


以下のものを用意します。

  • 自分の車の色に対応したタッチアップペイント
  • 汚れを落とすクリーナー
  • ふき取るもの(キッチンペーパーでも布でも)
  • マスキングテープ
  • 爪楊枝(局所的な個所をハケより細かく塗る場合)
  • サンドペーパー(仕上げ用は#2000以上)

今回は爪楊枝とマスキングテープを使っていません。 (たぶん亜流の使い方なので参考になるのかわかりませんが)

修理開始


まずはタッチアップです。 注文して2-3日で届きました。

タッチアップ(エブリイワゴンZVK)
タッチアップ(エブリイワゴンZVK)
タッチアップ(エブリイワゴンZVK)
タッチアップ(エブリイワゴンZVK)

ガーデニングアクアメタリックになります。 
次に用意したのは パーツクリーナー

パーツクリーナー
パーツクリーナー

以前に車のデッドニングのときに購入しておいたものです。 なにかと便利なもので、今回は必須アイテムでした。 シンナー(揮発性)が入っているのか汚れ落としに最適です。 それでは開始します

エブリイワゴンの擦り傷
エブリイワゴンの擦り傷部分をパーツクリーナーでふき取り

擦り傷部分にパーツクリーナーで洗浄します。 この時点でハッチバック部分の擦り傷が目立たなくなっていました。 あれれ?傷が浅かったから?(よく見ると擦り傷はあります)
これに期待して黒い部分も塗装の上にこびり付いているカーポートの柱の塗装かと期待しましたがこちらは違っていました。 塗装対象です。

マスキングテープ
マスキングテープで塗装以外の部分をマスクする

塗装したくない部分をマスキングテープで固定します。 ここからタッチアップペンで塗装します。

エブリイワゴンの塗装
エブリイワゴンの塗装

塗装してみました。 色が目立たないかもしれません。塗った当初は「おつ、いい感じの同じ色じゃん。さすがメーカカラーと同じ色!」と浮かれましたが、友人の整備工場の助言の通り濃くなっているというようにマスキングテープを剥がしてみたら塗った通りのラインが浮き出てきました。

エブリイワゴンの塗装
塗装後、マスキングテープをはがしてみた

本当は二度塗り、三度塗りを行う予定でしたが、色が濃いことに気づき嫌な予感がしたのでマスキングテープをはがしてみてどれほど境界線が目立つのか確認してみると、、、
めちゃくちゃ目立っているじゃないですか。 こんなの嫌だなと思ったのでパーツクリーナーで落とすことにしました。 (結果的にこれが功を奏した)

エブリイワゴンの塗装後
エブリイワゴンの塗装後にパーツクリーナーで再塗装を落とした状態

え? 綺麗に仕上がっているじゃん。 パーツクリーナーでどこまで落とすか次第でいい感じになることが見えてきたので、再塗装が乾ききる前にパーツクリーナーで調整しながらふき取りました。 結果として塗装でキズがついた部分にだけカラーが染み込み余計な部分はふき取るという奇跡的な状態に持ち込めることができました。 塗装が剥がれて中の板金が見えている個所は局所的に塗装を塗り(表面張力で盛って)乾く手前でパーツクリーナーを吹き替えて余計な塗装を取っていくということで、ほぼ目立たないレベルまで仕上げることができました。

エブリイワゴンの塗装
拡大しても殆ど目立たなくなりました

今回は結果的に綺麗に塗装ができました。 この方法で正しいのかわかりませんが結果満足できたので良かったです。

関連記事


エブリィワゴン
エブリィワゴンとは
エブリィワゴンのベッドサイズ
エブリィワゴンの車中泊仕様

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です