軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場
キャンプ

かんなの湯裏の自由広場キャンプ場は閉鎖中

未確認で行ったかんなの湯裏の自由広場キャンプ場ですが、2020年11月の今時点でも閉鎖されていました。
どうやらずっと閉鎖されているようです。

公園施設一部利用中止のお知らせ


軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場

キャンプする予定で早朝に出かけたのですが、まさかの閉鎖の看板が。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場


仲間とのキャンプだったので場所を確保しようと考えていましたが、未確認で行ったのがまずかったようです。

とりあえず、写真だけ撮影しました。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場  自由広場の位置
看板は中央のトイレ付近の入口付近に設置されていました。

看板の奥に自由広場があります。 誰かいるのか見ましたが誰も居ません。 朝にキャンプ客らしき人が歩いていたのはかんなの湯の有料キャンプ場のお客様だったようです。

軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場 入口からの写真
自由広場の様子(キャンプ場予定地)
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場 誰もいない自由広場の風景
自由広場をかんなの湯方面の土手から撮影した様子
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場 誰も居ない自由広場の風景
自由広場をかんなの湯方面の土手から撮影した様子(奥方面)

こうなった際のコンティンジェンシープラン(代替案)として、かんなの湯の有料キャンプ場でのBBQもありましたので確認することにしました。 朝早すぎてまずはかんなの湯がオープンするのを待ちます。

かんなの湯有料キャンプ(手ぶらでBBQプラン)


かんなの湯が運営している有料のキャンプ場とバーベキュー施設があります。かんなの湯の建物と隣接して存在します。

かんなの湯手ぶらでバーベキュー(BBQ) 全席指定完全予約制
手ぶらでバーベキュー(BBQ)  完全予約制
かんなの湯手ぶらでバーベキュー(BBQ) パンフレット
手ぶらでバーベキューの料金

これを見ると食材や機材持ち込みだと、例えば土日祝だと10-18時で大人一人1050円でOKにみえそうですが、スタッフの話によると2?3時間の料金らしく、それ以上利用する場合は追加料金が発生するそうです。
(その追加料金は料金表に書いてありますと言っていた割に、書いていない。 結局、キャンプ関係のマスターがくるまで分からないとなりました。 推測すると3時間で1000円あたりが相場でフルでいるには一人3000円必要と言いたいような料金体系なのではないでしょうか・・・なんせ案内してくれないのですから。推測です)

ちなみに、テントなど全て揃っている手ぶらでキャンプという宿泊プランもあります。 こちらも聞きましたが素泊まりやテント持ち込みというプランは無いようで、必ずパックプランのみの選択となるそうです。

かんなの湯手ぶらでバーベキュー(BBQ)のテント宿泊場所
バーベキュー施設横はテント泊スペースに。(奥まで結構広い)
かんなの湯手ぶらでバーベキュー(BBQ) 本日は2名のテント宿泊
前泊者(平日の金曜日に2組ほどてぶらレンタルパックで宿泊したようです)

朝早すぎて、かんなの湯の駐車場には誰も車を停めていません。

かんなの湯の駐車場
かんなの湯の駐車場
かんなの駐車場 電源設備
駐車場の一角に電源付き駐車場

ちなみに、この駐車場ですが(RVパークでは無い・・・ようですが)温泉施設オーナーさんのご意向で電源が供給されます。 (日帰り利用と宿泊利用があります。 宿泊は1500円/日だったと思います。 季節によってはキャンピングカーが停まっています)

かんなの湯 前面写真
かんなの湯はオープン9時なのでじっと待つ

ここからはネタバレしていきます。
9時にオープンしてキャンプ場のバーベキュー施設を聞きました。
隣の農産物直売所の施設に聞いてくれと。 しかし、基本的に食材の用意があるので前日予約が必要という話らしいのですが、食材・機材持ち込みの施設だけ利用の場合は準備無いのでは?という問いには、たぶん空いていると思うのでそちらで聞いてください。 という回答でした。 農産物直売所は10時オープンなんですよね・・・

かんなの湯 農産物直売所
農産物直売所(オープンは10時)

で、こちら10時オープンを待って聞こう・・・10時にスタッフが居ない。 少し遅れてスタッフ登場しましたが、当日予約無しの対処法が分からないということで、キャンプ場のマスターくるまで少し待つことに。
しばらくして、マスターが着て聞いたところ「本日は宿泊のお客様で一杯で、バーベキュー施設もコロナ影響で密にならないように受入はお断り」ということでした。

いろいろ話を聞くに、基本的には前日までの予約必須という事みたいです。
確認不足による失態でした。 役場に電話してから行く事にします。

関連記事


軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場
軽キャンピングトレーラーの幌馬車くんで行くかんなの湯裏の自由広場キャンプ場

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA